袋を持って思う

不要不急の謗りを受けるかも知れないが、せっかく自宅にいるので部屋の整理でもしようと100円ショップ(キャンドゥ)にプラスティック製のケースを買いに出かけ、ついでに缶コーヒーとかも手にとってレジに向かうと、「ん!」普通に3枚入りのマスクが売っていた。

100円ショップだけに100円に10円の消費税で110円である。コンビニでレジのお兄さんに「今日は入ってるの?」と聞いたら裏から出てきたこともあるし、マスクが買えるのは大抵こういう時らしい。さすがに1名1つの条件がついてるが、マスクを買える機会は意外と多い。

いちど、開店前に行ってみようかとクルマで母親を連れて近所のスギ薬局に行ってみると、9時開店なのに8時10分で長蛇の列。それを見たウチの母親は「並んでた方が具合悪くなるわ」と2秒で諦める始末だった。

下町気質溢れるせっかちさは血筋だが、朝の5時からエウレカセブンの新装に並んで3万か4万負けたあの日以来、私は並ぶことには慣れている。並んで目的が達成できないどころか大損する理不尽にも耐性があるが、この私をしてホントにそこまでする必要があるのか、と。

ドラッグストアでマスクを買えなかった男が「オレはコロナだー!」と暴れて逮捕されたニュースもあったし、ヒマで外出の必要のない有閑マダムや転売目的のニートや並び屋が少ないマスクを買い占めてるという思い込みは当たらずとも遠からずだとも思うが、

とあるニュースによると最近マスクを買えた人の割合は、「たまたま店に入ったらあった」というのが一番多いらしい。うーん、言い換えればスギ薬局のパートのオバサンもコンビニのお兄ちゃんも、ある程度自分の為に買ってるかも知れないが、だいたいは設定された売価で入荷した分を普通に売っているということの証左だ。ごく一部を除いて高値で売ったり転売したりすることはないわけで、

これは何でかというと、いざとなれば買えるでしょ?と思えるぐらいの流通量を把握してるからだろうと私は思う。家に置いてる備蓄量と店に入ってくる流通量と、売ってる値段のバランスを感覚的に把握してるんだろうと思う。その情報がない人々がマスクをしてドラッグストアの開店待ちの行列につくのであろうと。

政府の配布しようとしている「アベノマスク」は布製で再利用が効くらしいし、何もしないよりも良いと前向きの評価をしたいところだが、スギ薬局のオバちゃんやコンビニのお兄さんぐらいの情報量を与えてくれれば買い占めも減るだろうし、

必要とされる医療機関に配る前に、必要かどうかわからん国民ひとりひとりに…というか効果があるかないか疑われているマスクをわざわざ2枚届けるのに必要な費用は466億円と聞いて、さすがにそんなに使うなら少しオレにくれてもいいんじゃないか?と、

110円で買った3枚入りのマスクの袋を持って、そう思うのであった。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント