youは何しに下田へ?

西伊豆ツアー3日目。今日は下田のとあるホールでクランキーセレブレーションでハマっている。隣は2台並んでHANABIだが、下田にフラっと遊びに来てるカップルが凄かった。目押しとかリーチ目の知識なんかは関係ない。多分設定なんかも関係ない。

ひいて、ひいて、ひき倒す。男の方が私の隣だったのだが、私がスイカを1回揃えるのと同じぐらいのペースでビッグを当てて頭上には箱が3つ。
当然私もそう思ったが、女性の方が「もおう、何しに下田に来てるのよ~」的なことを男性に言うと、メンゴメンゴという感じで両替をする為にその台を離れた…

…瞬間に空いたその座席に座ったのが私のパチスロの師匠である。「いやあ、都内じゃこんな台空かないし、空いたとしても素早いヤツにすぐ取られちゃうしなあ」。その隣でボーっとしてた愚鈍がアナタの弟子なんですが、まあ、さすがでございます。

その日はポンチャイ君の地元で花火大会があり、それに備えて早めに返るものと既に勝負を切り上げているポンチャイ君にTSUTAYAで立ち読みでもして時間を潰すように言い、(これは長くなるな)と、私は隣でクラセレを粘れるようにATMにおカネを下ろしにいったのである。

案の定、師匠の台で畳みかけるボーナス。いや、畳みかけてくれたのが助かった。多分期待収支よりも早いスピードで出玉が出てくれたので、師匠は17時ぐらいでその台をヤメてくれた。危ない危ない。リアルなハナビに間に合わないのでは、カップルの女性の方じゃないが、何しに伊豆に来てるのかわからない。



DSC_4240.JPG



ちなみにすの数時間前、下田の「マジック インディア」という本格的なインド料理でランチ。もう一度いう。本格的なインド料理だ。チーズナンが美味しく、うーん、チーズナンはもしかしたらローカライズされてるかもだが少なくとも伊豆的であったり下田的な料理ではない。ホントに観光ムードを高めようという気がないなあ。

まあいいか。このメンバーでインド旅行する時があったら海鮮丼でも食えばいっか。ハハハ。









この記事へのコメント