『機動戦士ガンダムNT』 (公開中)

昔、前作前々作を観てない友人に、「絶対面白いから!」と強引に「ゴッドファーザーPARTⅢ」のオールナイト上映に付き合わせ、友人がオープニングのネバダ湖のシーンから???の状態だったのを申し訳なく思っていた。

映画好きだがアニメは門外漢。ガンダムは劇場版のIとⅡとⅢのうっすらとした内容と、パチスロの演出で出たシーン、そして昔のガンプラの説明書にかいてあるぐらいのレベルの知識しか持ち合わせていない…

…っていやいや、それだけ持ち合わせてれば十分だろ!と、今回はパチスロの師匠と西伊豆のポンチャイ君に連れられる形で地元の豊洲の映画館に表題のガンダム最新作の映画に足を運んだのだが… うう、わがんね。

デイビット・リンチの映画のように、わからなくなるような映画作りをしてるならともかく、また他のアニメ映画のように観客を煙に巻こうとしてる作りの映画ならともかく、この映画は真摯に物語を描こうとしているのはわかるが、

どうにも登場人物の顔と名前、役割がわからないし、入ってこない。モビルスーツもどっちがどうなのかも入ってこない。これって感性とか理解力とか、自分の問題なんだろうね。あ、あと、正月の遊び疲れで予告編の段階からスヤスヤと眠りにつき、気が付くと本編が始まっていた、というのはここだけの秘密だ。

ともかく、登場人物の名前がわかりにくいし、考え方とか役割とかがわかりにくい…気がする。同じ正月でも昔観てた寅さんとか釣りバカって、上映中の途中の回に入ってもあらかた筋は理解できたし、面白かったよね。

寅さんとガンダムを一緒にしちゃ悪いけど、もう少しわかりやすくてもいいんじゃないかな?スターウォーズもプリクエル(1、2、3ね)の時に評議会とか共和国とか話を複雑にして一部から評判は悪かったけど、動的な絵作りのおかげもあって、映画的な楽しみ方としてはわかりやすかったからなあ。

初代ガンダムは普通に見てればわかりやすかったよな。ニュータイプたってスターウォーズでいうところのフォースみたいなもんでしょ?と、意外と違和感なく理解できたし。最初に寝すぎて重要なとこをすっ飛ばした?

予告編でやってたシティハンターとか、あとドラゴンボールなら話の筋はわかると思うんだけどね。というか、今回はすいません。勝手に寝といて映画の筋がわかりませんはないよなあハハハ。レビューになってないべな。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック