「祈りの幕が下りる時」 (2018)

皆さんは泣きたくなったらどんな映画観ます?最近の人は東野圭吾モノとかみるのかな?まさにこの映画も「泣ける」と評判の映画。東野圭吾っぽい大胆な、というか大前提からひっくり返す系のトリックが炸裂します。

「容疑者Xの献身」では殺害時刻を誤魔化す為にトンでもないトリックを。同じガリレオの「聖女の救済」では殺したんでなく、その時以外はずっと命を守ってた、という逆転の発想。今回もとある人物が人生棒に振ることで成り立つトリックが前提。「こんなことまでするか~?」という理由付けに愛とか情念とかを絡めるので、

何となく感動的な物語を見てる気になるが、何というかこの犯人、自分の都合で中島ひろ子とか及川光博をポイポイ殺したりしてるし、人生潜伏中の時期だって脂の乗り切った頃の伊藤蘭と猛ファックしてたかと思うと、実はあんまり可哀想でも悲惨でもないんじゃないか?と、そう思うと一気に冷めてしまうストーリーでございます。

前にドラマでやってた頃の「新参者」というシリーズは面白かったね。それがベースになってるので、頭を空っぽにして見…てしまうとトリックとか推理を楽しめないので、あまりひにくれずに素直に見ると楽しめると思います。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック