負男’18~6月~

勝負事が強い人の特徴は「勝てる時に大きく張ることができる」だそうだ。自分もこの言葉自体の意味は分かるのだが、いつも負け慣れてるからか、勝てる時は少額でも勝ちたいという気持ちが強く働いてしまうのである。

今日も北斗の羅刹で1万円使って小さい方のビッグ。そのコインが飲まれかけて財布から1万円を取り出し、コインサンドに投入しようとした時に中段チェリー+金色の「前兆中」の断末魔の文字。まあ、当たりだろう、と。

クレジットには1枚チョイ。判別にかかるゲーム数を考慮しても取り出した万札を使うことはないだろうと財布にしまい、蒼7を揃えてホッとしたのが先ほどの話。RT中のチャンス目からも蒼7ビッグに繋がって約600枚の獲得。

(うーん、うーん)…正直、私は悩んでいた。1万円投資で、ハイパービッグ2連で600枚の獲得である。2回目のRT中に何かボーナスを引ければ問題ないが、引けなくともクレジットを打ちこんでヤメればプラスである…。

2枚目の万札を取り出して、それでしまったことを思いだす。2枚目の諭吉は死地に赴かずに済んだ。私がRTを抜けてクレジットでヤメれば1枚目の諭吉も帰還できる… 正直100ゲームのRT中はそればかり考えていた。

案の定、そのRTではボーナスを引かず、クレジットでも動きがなく、そのまま両替したところ11,700円。変則的な両替をする店だから中途半端だが、まあ1,700円のプラスだ。ここは負けずに済んでありがたいと思うべきか。

いやいや。1万円で単独の中ビッグを引き、飲まれる土俵際で中段チェリーで蒼ビッグ。そのRTでチャンス目からの蒼ビッグ。ヤメる時に確認してみるとベル確率は1/6.5だった。オイオイ、何しにホールに来たんだよ、と。

昇り調子の時は千円2千円のプラスで切り上げ、ダメな時は3万4万と底につくまで有り金を突っ込む傾向の私は、多分ホールにとっては最も歓迎すべき太客であり、まごうことなき負男なんだと思う。今、この日記を書きながら、帰ってきた諭吉と1,700円の勝利に対する喜びを半分、

残りの半分は、ホントにこれで帰ってきてよかったのかという後悔が半分である。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック