テーマ:つぶやき

楽天的でない話

この日記で何度か言っているがギャンブルの才能というのは「勝つ時に大きく張れる才能」だという。パチンコパチスロのようにレートが決まってるギャンブルは勝つこと=博才だが、多くのギャンブルは勝率だけが勝利の要素ではない。株式投資というギャンブルもその例に漏れない。今日は楽天の株式を例にそれを説明したい。楽天(4755)の10月13日の終値は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3580の物語

草なぎ剛と竹内結子の『僕と妻の1778の物語』(2010)って映画。正直観てないんだけど宣伝から察するに余命宣告を受けた竹内結子に対して草なぎメンバーが一日ずつ一遍の小説を書くって話なのかな?思えば「黄泉がえり」(2003)も「いま、会いにゆきます」(2004)も私は観てないなあ。評判はいい映画だよね。 たまたま死生観を考えさせら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卑屈モード

「別の人の彼女になったよ」 https://www.youtube.com/watch?v=szFhwZ52NyY クソビッチですな。タイトルからも歌詞からもビッチ臭しかしない。いい歳して、こういう歌とか歌詞に「わかるなあ」とか「若いなあ」と思えず、歌詞の女を想像するとビッチっぷりにイライラするような男なので、いまだに独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西伊豆野郎

コロナだって言ってるのに出張やらドライブやらで自宅待機をしてない男、それが私である。出張は仕事だから出張先で「どこから来たんですか?」と問われた場合、正直に「東京から」と答えざるを得ないわけだが、それ以外の場合の場合、例えば飲食店とかでの語らいの場合は、やっぱりわざわざ角を立てる必要がないので東京とは言わず、別の場所を言うことが多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花びら 森咲智美」

今日の話は下記の3つの情報をまずお伝えします。 ============================= ■サンダーVライトニング https://pachimaga.com/db/s_conq/across_slot/17/index.php 4号機の名機「サンダーV」の後継機。6号機の規制の中で復活した「予告音、フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手数料について

「中田敦彦のYouTube大学」ってのがあって、金融から歴史文学、江戸川乱歩まで色々と講釈をしてる動画がある。結構いいことだと思うね。知識とか情報というのは多ければいいと私も思う。まあ知識と行動のバランスだよね。頭でっかちでも勿体ないし、何も考えずに行動するとソンするしね。知識3の行動7ぐらいがいいかな。 「お金の守り方」みたいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホテル大東館」(伊東温泉)

出張に疲れて旅行。我ながらタフだなあと思うけど、プライベートで温泉ドライブ旅行として伊豆は伊東温泉にレッツゴーしてみました。「大東館」という昭和情緒の溢れるお宿。都民である私、Gotoキャンペーンの対象でもないのにこの旅に出たきっかけの一つはこのお宿。実は天知茂の明智小五郎の美女シリーズの伝説の「天国と地獄の美女」のエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年、8月

世間ではコロナ禍、Gotoキャンペーン、オンライン帰省、安部総理の辞任。個人的にも出張の連続。サンダーVライトニングでの惨敗など、ここで書けることや書けないことも含め色々なことがあった2020年の8月。いつかこの日記を見てこの8月を思い出すことがあるかも知れない。 熊本出張のついでにレンタカーを借りて大分の別府温泉に出かけたなあ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

危機管理できません

こんばんわ。「大事な時にヒキが弱い癖のある危機管理能力のない人物」の松田凡作です。まあ大事な時にチャンとしてればこんな人生は歩んでりません。 この言葉自体は安部総理に向けた立憲民主党の石垣のりこという議員さんの言葉だけど、福山哲郎幹事長からのイヤミな言動の講習とか教えが行き届いてるんでしょうね。身体の弱い人とチャンスを活かせない人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五右衛門に一言

仕事で群馬県前橋市。仕事で呼ばれて行ってるはずなのに大抵は入り口のところでサーモグラフィのような機械で身体の温度を測られる。コロナのご時世だから仕方ないが、この炎天下である。普通体温あがっるぺ?ということで午後イチからの仕事の場合は可能な限り早く現地入りしてゆっくりランチを取って身体をクールダウンしたいところ。 写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胡散臭さ、万歳!

「胡散臭い」という言葉を体現しているのが下記の動画の小山院長である。 https://www.youtube.com/watch?v=S4wBZiDdNl0 しかしまあyoutubeのコンテンツを見る側としては色々とわかってる感は炸裂しており、施術されている女性も見る側も誰も悲しまないならステキなことじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒りの弁慶

怒りの弁慶と言っても怒ってるのは私で、写真はラーメン弁慶である。地元の門前仲町の交差点にデンとそびえるパチンコホール「スターダスト」というホールは出玉は置いておいて特徴のある良い店だと思う。パチスロフロアは照明を落としてあり演出が映えるし、コインもいつも比較的キレイで頭上のカウンターは高性能。頼むことは少ないがコーヒーレディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニュアルモード

パチスロの師匠と行く、西伊豆のポンチャイ君邸での夏休みのひと時。西伊豆と言えば夕日のキレイさが有名。スマートフォンでも露出を絞ったりシャッタースピードを上げたりするとキレイに夕日が撮れたりします。 ついでに長崎行きの飛行機の窓から。これはホワイトバランスをマニュアルでいじったりするとこんな写真が撮れます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の8/14

パチスロの師匠とポンチャイ君とで西伊豆での夏休み。沼津に大型のホールができたようで3人でスロを打ちに向かうも、ポンチャイ君は小投資でボーナスをひっかけ、両替するには少ないメダル数で行ったり来たりするのに悶絶。ようやく下皿が底をつくと(ようやく無くなったわ)という表情で台を後にする様子がまさに資産家のそれである。 方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾッとする話2020

前に「人志松本のゾッとする話」という番組があって、面白かったなあ。芸人が何人か集まってゾッとする話をする。稲川淳二のように心霊に限らず、サイコパスとかストーカーによるゾッとする話もあって、芸人のトークテクもあって話も面白かった。 松本人志の話の中でこんなのがあった。「自殺の名所」という話。海辺の崖を自殺の名所と紹介されたカメラマン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝ち組負け組の定義

昨日の日記で書いた半沢直樹の言う勝ち組の話を、もう少し掘り下げようと思う。半沢直樹がこう言った。「どんな会社にいても、どんな仕事をしていても、自分の仕事にプライドを持って、日々精進し、達成感を得ている人のことを本当の勝ち組というんじゃないかと、俺は思う。」 いい言葉だけど、これは勝ち組の説明ではなくて、人々が理想とする満たされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝ち組といつまでも

「半沢直樹」がやっぱり面白い!今日も半沢部長が言ってましたね。「勝ち組負け組という言葉はキライだ」と。ええ、私もキライです。特に勝ち組が言うセリフがこんなセリフは困ります。 ・「全く勝ち組の連中は…」(と他人事のように言う) ・「オレなんか全然だよ」(と結構な嫌味) ・「オレだって楽して勝ってるわけでない」(苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「加賀片山津温泉 総湯」

石川県加賀市。今回の出張で滋賀大津、金沢市、福井市と渡り歩いているが、途中に東尋坊に寄る大胆さはあっても、温泉街に来て女性が身体を洗ってくれる特殊浴場に寄るほど大胆ではないので、ジジイにまみれて自分の身体は自分で洗わさせて頂きます。 480円でタオルが200円だったかな?熱めの温泉でコロナに打ち勝てるような免疫力を高められる感じが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカマックカメラ

ちょっと攻めた話になるかもしれないが、久しぶりに「バカ〇ョンカメラ」という単語を聞いて、そう言えば私が若い頃なんかはそういう単語あったよなあ、と思った。「バカでもチョンと押せばキレイに写真が撮れる」と、つまりオートフォーカス機能が付いたカメラのことを言うらしいが、まあ、実際には朝鮮の人を蔑んだ名称だったんだろう。 私自身は高いカメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテルヨコハマ

いしだあゆみのヒットソングでも米米CLUBのナンバーでもなく、群馬県高崎市に実在するラブホテルの名前である。私が新卒で初期配属になった土地が高崎市で、半沢直樹のいない「半沢直樹」の舞台のような業種。もうかれこれ20年ちょっと前の話である。 賀来賢人のように熱血であった私が高崎観音のそびえる観音山には富裕層が多く住む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテルパコ釧路

8月は釧路出張からスタート。8月2日は日曜日だというのに朝から仕事。なので土曜日だというのに釧路入り。ホワイトかブラックでいえばオフホワイトな会社だと思うが私自身が釧路が好きなので耐えられる。何しろ涼しい。冬は寒いが札幌や北見に比べると海が近い分寒さはまだ厳しくないとのこと。そもそも体型的に寒さには強いしね。 今回紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の母親は日本語が読めない

今年の5月の下旬に「持続化給付金」の手続きを母親に頼まれてパソコンで私が実施した。母親は趣味のような飲食店を一人でやっていて、店の工夫やら青色申告やら自分なりの工夫やら自負やらあるようだが、 東京都の給付金は「別に休んでくれとは言ってない」と給付金の対象から漏れ、国の持続化給付金はとりあえずネットでしか申請してないというので私が代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステイ・インドア

コロナ感染者数が都内で200人越えが連日続いている現在。Withコロナって言い方はあんまり良くないが、飲食店なり娯楽なりの店舗がそれなりの対策と共に動き出したのは良いことだと思う。そもそも通勤電車なんかは満員御礼。夜の街以前に通勤電車は職場でちゃんと感染してると思う。職業によっては仕方がないけど、在宅勤務できる業態なのにしない会社って何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のぎへん

youtubeを見てると突如として広告が入って、それがセンスの良いものだったり購買意欲を掻き立てるようなものならいいのだが、やれダイエットだったり、やれ脱毛や毛生え薬だったり、あとはラクして儲ける系の話だったりして辟易するのである。 特に儲ける系の広告。「それでは〇〇さんが稼ぐところを実際にみてみましょー」という、胡散臭いというか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中浦和

先ほど、ビッグボーナスの確率が設定1でも1/277.7とされる「サンダーVライトニング」との闘いを終えてきた。結構な回数を回してビッグ確率は余裕で1/400を下回り、それじゃ財布にいいわきゃないよ、わかちゃいるけどやめられない状態であった。 これから先、ホールに置いてある最低設定の1を打ち続けたとしてもビッグが1/277.7に収束…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱陶しい広告

「不要な広告を非表示に」という広告が鬱陶しい。youtubeとかを見てると急に流れるダイエットとか脱毛とかの広告が鬱陶しい。テレビのCMはセンスのあるCMが多かったり、後になってみると懐かしいものも多かったりして、結構な文化的なコンテンツだと思うんだけど、 ネットの広告は単に鬱陶しいだけだね。ああ。今日は機嫌が悪いので何に対しても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安物買いちゃん

ありがたいことにボーナスも出たんだけど、コロナ禍になる前のスロの投資が響いて右から左。自粛も開けたらまた勝ち組のために養分活動もしなければならないかと思うと気が重い。まだ国から10万円も振り込まれないし、気分が閉塞感でいっぱいである。 そんな中、秋葉原で見かけたのが上の写真のクロームキャストもどき。1,500円の消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島駅

出張で広島に来たんだけど、羽田からの飛行機はかなり間引かれてて便数が少ない。で、その分1便当たりの乗客は多い。3人掛けの座席は満員御礼の3人掛け。便数を減らしてるから全体の感染リスクは減ってるだろうけど、1便当たりは三密もいいとこ。リスキーだよなあ。 で空港バスも途中下車の駅をすっ飛ばして広島空港から出発して停車駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「負け組ひとり夕飯し」

奈良出張。奈良の名物って何だろな?と考えてみるも漬物と柿の葉寿司ぐらいしか思い浮かばない。柿の葉寿司はあまり好きでないネタが多いので、まあ通りを練り歩いて美味しそうなお店でも入ってみようかな、と思うわけです。 でも目についた小粋な鉄板焼のお店とかは目の飛び出るような値段である。さすが観光地。まあ酒を飲むわけでもないし、焼鳥と釜飯が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良の夜

奈良県に出張。サラッと出張と書いてるがここに来るには紆余曲折があった。私自身は会社の奴隷として、コロナだろうが何だろうが飛行機だろが新幹線だろうが日本全国どこにでも行く覚悟(行かなければいけない立場)なのだが、お客さんのいる奈良側が「他県からの訪問お断り」だったのである。 コッチだってわざわざこの時期に行きたくない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more