テーマ:エンタメ

「全裸監督」(Netflix)

ナイスですね~♪でお馴染のAV監督、村西とおるを山田孝之が演じる「全裸監督」がNetflixで配信開始。いやー、Netflixに契約してないとこれ見れないの?映画でもない、テレビでもないってところに、何かさ、凄い時代が来ちゃったな、ってのが初っ端の感想ね。 正直、まだ5話目なの。村西とおると黒木香の邂逅。山田孝之という実力と実績の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクラ入り拒否

ピエール瀧がコカインで逮捕されましたね。「凶悪」でシャブ中のヤクザを演じてたわけですが、ニュースでは20代の頃から嗜んでたそうなんで、演技ではなく半分、「地」だったと。そりゃ巧いし、怖いはずだよね。 以前「凶悪」については紹介してますね。 https://pocyo.at.webry.info/201404/article_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NMB48 ALL CLIPS -黒髪から欲望まで」

お断りしておきますが、純粋にエロ目的です。amazonで11,329円。結構な値段だがブルーレイで5枚分、健康的な若い女性が水着姿でダンシングするMVが収録されているのだから、これは純粋にエ口目的でございます。 今、パチンコのAKB48の3を結構打ってるんだけど、私は当たるまでは山本センセイを選択することが多いですね。山本センセイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「冬の花」 (宮本浩次)

エレファントカシマシの宮本浩次という人は、テレビで見る限りは変わり者という印象が強い。才能のせいで周りと同期が取れないというか、そんな変わり者な感じ。まあ歌を歌う人ってそんな感じの方が良いと私は思うのね。 安全地帯の玉置浩二なんかは音楽の神様に愛されてる、というか神様だよね。好きなように歌って周りを感動させちゃう。秋元康も(ホント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『満島ひかり×江戸川乱歩』

犬神家だったり江戸川乱歩だったり忙しいことだとお思いでしょうが、これだから年末は大好きだよ。今回はNHKのBSプレミアで『満島ひかり×江戸川乱歩』というスペシャルドラマを放送。満島ひかり。フォルダー5の頃は全然知らないけど女優になってからはいい女優さんだよね。 って江戸川乱歩の作品にこんなにバンバンでて、もう朝ドラのヒロインは狙っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スペシャルドラマ 犬神家の一族」

12・24のクリスマスイブの21:30から放送という、ある意味冒険とも思える企画を進めてくれたフジテレビのスタッフとキャストの皆さんには感謝したい、と、どの位置からの挨拶かわかりませんが、ホントに「犬神家の一族」に取り組んでくれたことはファンとしては嬉しい限り。ありがとうございます。お疲れさまでした。 金田一耕助役の加藤シゲアキに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬神家まであと数日

12/24のクリスマスイブに加藤シゲアキとやらの金田一の「犬神家の一族」が放映される。あと数日。嬉しいやら不安やら。まあ、忠臣蔵のようにクラシックな感じで色んな俳優が金田一を演じてくれるのは楽しみなんだけど、 毎回ジャニーズのメンバーがしたり顔で「金田一耕助です」なんてやられると、なんだかなあもおう、って気分になっちゃうからね。フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不安な犬神家

クリスマスに加藤シゲアキという輩が金田一耕助に扮して「犬神家の一族」をやるって言うんだけど、オイ!フジテレビ!金田一モノはジャニーズ事務所のリハビリ施設じゃねえぞ、全く。稲垣吾郎といい加藤ナニガシといい、 何らかの不祥事を起こしたあとのメンバーが意気揚々と挑戦しやがって、そんなに事務所のプッシュが強いのかよ!と思う。まあ吾郎ちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』 (公開中)

新宿、歌舞伎町は旧コマ劇場、今は巨大パチンコホールのマルハンと併設されているTOHOシネマズ歌舞伎町にやって参りました。パチスロの師匠と一緒にエウレカのアニメ映画を鑑賞する為でございます、はい。 エウレカ?もうそりゃパチスロで相当貢ぎましたよ。ハズレの連続演出ばかり見てたのでピンクの髪の少女と胸毛のオジサンに撃墜されるだけのアニメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話は変わりますが

映画好きを標ぼうしているが、では好きな俳優は?と聞かれて、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、キアヌ・リーブスとか色々思い浮かぶのだが、結局一番多く目にしているのは連ドラの主人公な気がするのである。 海外なら「24」のキーファー・サザーランドや「メンタリスト」のサイモン・ベイカー。国内なら結局「相棒」の水谷豊とかが、一番眺めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Crazy In Love」 (島谷ひとみ)

まあ、ルパンですよ。スロットの不二子ですよ。スロットの世界解剖でもどっかで流れた気がするけど基本単発なので覚えてない… けど、まあ、ルパンですよ。大野雄二サウンドと島谷ひとみの組み合わせはズルいと思う。 熱海系ジャズっていうかね。私が勝手に熱海に行ったりするときに大野雄二の生家のホテル大野屋をみるたびに思い出すだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「U.S.A」 (DA PUMP)

私が日々、パチスロで負けてブーブー言って生活してるのを刺激のある楽しい毎日だと思っているのであろう、私のパチスロの師匠がコッチ側に来ようとして色々話を盛ってくることが近年、多くなってきたのである。 「いや~今日はハマったわ。」とか「今日はさっぱりだったよ。」なら、話を盛ったで済む話だし、「今日は30枚負けた」と言われたら、それは千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悪魔が来たりて笛を吹く」 (2018)

先日、NHKのBSで放送された「悪魔が来たりて笛を吹く」の感想を。 ■どうしたNHK?題材や演出、攻め過ぎ! 前回が放送禁止用語が炸裂する「獄門島」。今回は動機がタブーすぎる「悪魔が来たりて笛を吹く」。いずれも地上波での本格的な放送は厳しいとされてた作品だけど、BSプレミアムだからいいのか?今回も動機や映像描写も遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インバスケット思考」

まあ「エンタメ」という分野の書籍でなく、どちらかというとビジネス本に分類されるかも知れないが、定価1,000円のこの書籍は多分、ジャグラーでワンプッシュしたコインが無くなるよりも長く楽しめ、そして役に立つと思う。 私の周りには資産家とか勝ち組とかエリートがいたりして本当に人に恵まれてると思うが、日記をお読みの常…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「WE ARE SEVEN'S TV」

youtuberという人々は知ってそうでサッパリ知らないが、パチスロがらみのyoutuberはやっぱりそれなりに知ってる気がする。ワサビはAタイプをマニアックに解説してくれるし、髭原人はルックスとは似つかない知性を感じる。 日直島田という人は話し方がチャラいが新台の情報を届けようと真面目さが伝わってくるし、ワンゲームのてつという人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三毛猫ホームズの推理 女子大密室殺人」(1979年)

youtubeのリンクを張るといつのまにか削除されてしまうから、興味を持った方は自分でタイトルを打ち込んで検索してもらいたいのだが、まあワイダー(土曜ワイド劇場のマニア)からすると涙モノの三毛猫ホームズである。 原作は赤川次郎センセイの同名小説。この間出張に行った時にアマゾンで電子書籍で購入して小説版も読んだのだが、映像も小説も実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボクの妻と結婚してください。」 (2016)

2018年6月19日。多分テレビをつけている人の大部分がNHKのワールドカップにチャンネルを合わせてるのだろうが、私はサッカーに全く興味がないのでフジテレビで放映している表題の映画をボーっとみていた次第。 余命半年と宣告された織田裕二が愛する妻である吉田羊と息子を託せる、次のダンナさんを探すというのがこの映画のお話。フジテレビもこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「モンテ・クリスト伯」 (2018)

2018年6月14日(木)に最終回を迎えた「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」。散々文句ばかり言われていて、視聴率争いも凋落の一途を辿っているフジテレビ系での放映。残念ながら平均視聴率は6.2%だったとのこと。 ただ主演のディーンフジオカと復讐の対象の皆さん、このご時世に復讐モノにトライしたスタッフに敬意を表して今日の日記はこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンテさん

フジテレビ系列の「モンテ・クリスト伯」というドラマが結構面白い。と言っても先週分と今週分しか見てないのだが、今週の山口紗弥加の奥からヌ~ッと現れる伊武雅刀とお手伝いさんの姿とか、演出センスも素晴らしい。 そもそも復讐モノってオデ、大好き!でもそうはいっても現在の視聴者にとっては内容が重く、復讐モノ好きにとっては少々回りくどい。回り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこかで、また

「とんねるずのみなさんのおかげでした」が最終回でしたね。わたしもとんねるずで育った世代なので感慨深いね。いや、仕事の都合があって最後の歌の部分の、そのまた最後の部分しか見れなかったんだけども。 火曜ワイドスペシャルって、7;30から9:00までの1時間半の、いわゆるドリフ大爆笑の枠ね。、そこで単発でやってた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「リーガル・ハイ」 シーズン1-9

「恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!!」 この回が「リーガル・ハイ」が凡百のドラマと一線を画す、ある種レジェンドとなった記念すべき回だと思う。「七人の侍」の村人と侍のような構図で物語だ進む中で、堺雅人が村の老人に諭す演説。これがまたすごい。見たことない人はyoutubeでもいいから是非見て欲しいね。 お金で買えないものがあるとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リーガルハイ」 シーズン2-7

「天才か暴君か!? 世界的アニメ監督パワハラ裁判!!」 まあこのアニメ監督というのが宮崎駿とかのイメージなのは間違えないだろう。私自身は全く宮崎アニメに興味がないのだが、アニメ制作会社の激務とゆとり世代の確執を描いたのが今回の話である。パワハラとかブラック企業とか、タイムリーっちゃタイムリーだべな。 弱い立場の人間に味方するのが普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リーガルハイ」 シーズン2-3

「顔か? 心か? どちらを選ぶ? 前代未聞の整形裁判」 …ブスとか整形とかの話を堂々と。よくクレームがつかなかったな…と思うが、やっぱり良いドラマだからかな。シリーズでも屈指のエピソードでネットで揚げ足をすくうように文句を言う人も少なかったんだろうね。 ドランクドラゴンの塚地武雅が、自分の不細工を棚に上げて整形美人の奥さんと離婚訴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リーガルハイ・スペシャル2」

サブタイトルは「大病院で起きた突然死 隠された医療ミス!?…愛憎が渦巻く白い巨塔 崖っぷち裁判の行方」。フジテレビの凋落が叫ばれて久しいが、このシリーズが放映されていたかと思うと、さすがにパワーがあるなーと思えるほどの神ドラマである。リーガルハイと王様のレストランが私のベスト2と言っても過言でない。 ちなみに天知茂の美女シリーズを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の証明のテーマ

1977年の映画版の「人間の証明」のジョー山中の歌うテーマ。 意外と物語は今の2サス(2時間サスペンス)の方が凝ってたりするんだけど、昭和ならではの重厚感があるな。俳優も音楽も。昨日のTVドラマ版はEXILEのATSUSHIのカバーだった。まあ歌自体は上手いと思うんだけどね、 すんげー歌の上手い若者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『人間の証明』 (TVドラマ)

松田凡作なんていう名前を名乗ってブログを更新しているのだから松田優作がキライなはずがない。そして女優で言うと鈴木京香が女性としての完成形と言って憚らない私である。そんなお二人の接点が「人間の証明」。 今日、ドラマでやってたけど、いやー、泣かせるねえ。涙こそ流しはしなかったけど心の中でワンワン泣いたよ。もしかすると女の人は???なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『SMAP 25 YAERS』 (2016)

(スワップとは随分と大胆なグループ名だな…)と当時からマセていた私がSMAPを初めて知った時の印象である。西伊豆のポンチャイ君が自分で森且行に似てると言い張ったり、木村拓哉が「あすなろ白書」に抜擢され、 「オレじゃダメなのか…?」の演技を、かませ犬日本代表の私がテレビの前で指導したりと、年代が近いだけにそれなりに私の青春に寄り添っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんまいだ~

稲川淳二の怪談「ゆきちゃん」。寝ながら聞いてると怖いけどよく寝れる。 なんまいだ~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呼んだ?

最近、「プロの独身」が流行ってるそうである。ん?呼んだ?卒業式は窓ガラス壊してまわりながら何度もやったし、成人式は2回分やったぐらい生きてるが、いまだに結婚式なるものは1回もやったことのないこの私である。 愛とか恋とかは自給自足、育てているのは主にジャグラーである。いい人ですねと風俗とかではよく言われたが、結婚していいとは言われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獄門島 (2016)

BSプレミアムで長谷川博己が金田一を務める「獄門島」が11/18の20時から放映された。金田一マニアでない限り、NHKに無理やり受信料を徴収されてこんなドラマを作られるとは災難だが、マニアなら非常に嬉しい次第。 しかし、思ったより長谷川博己というのは金田一に向かない俳優だなあ。演出のせいもあるが、意外と感情的でモノに当たるほど癇癪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more