テーマ:エンタメ

「リーガルハイ・スペシャル2」

サブタイトルは「大病院で起きた突然死 隠された医療ミス!?…愛憎が渦巻く白い巨塔 崖っぷち裁判の行方」。フジテレビの凋落が叫ばれて久しいが、このシリーズが放映されていたかと思うと、さすがにパワーがあるなーと思えるほどの神ドラマである。リーガルハイと王様のレストランが私のベスト2と言っても過言でない。 ちなみに天知茂の美女シリーズを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の証明のテーマ

1977年の映画版の「人間の証明」のジョー山中の歌うテーマ。 意外と物語は今の2サス(2時間サスペンス)の方が凝ってたりするんだけど、昭和ならではの重厚感があるな。俳優も音楽も。昨日のTVドラマ版はEXILEのATSUSHIのカバーだった。まあ歌自体は上手いと思うんだけどね、 すんげー歌の上手い若者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『人間の証明』 (TVドラマ)

松田凡作なんていう名前を名乗ってブログを更新しているのだから松田優作がキライなはずがない。そして女優で言うと鈴木京香が女性としての完成形と言って憚らない私である。そんなお二人の接点が「人間の証明」。 今日、ドラマでやってたけど、いやー、泣かせるねえ。涙こそ流しはしなかったけど心の中でワンワン泣いたよ。もしかすると女の人は???なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『SMAP 25 YAERS』 (2016)

(スワップとは随分と大胆なグループ名だな…)と当時からマセていた私がSMAPを初めて知った時の印象である。西伊豆のポンチャイ君が自分で森且行に似てると言い張ったり、木村拓哉が「あすなろ白書」に抜擢され、 「オレじゃダメなのか…?」の演技を、かませ犬日本代表の私がテレビの前で指導したりと、年代が近いだけにそれなりに私の青春に寄り添っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんまいだ~

稲川淳二の怪談「ゆきちゃん」。寝ながら聞いてると怖いけどよく寝れる。 なんまいだ~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呼んだ?

最近、「プロの独身」が流行ってるそうである。ん?呼んだ?卒業式は窓ガラス壊してまわりながら何度もやったし、成人式は2回分やったぐらい生きてるが、いまだに結婚式なるものは1回もやったことのないこの私である。 愛とか恋とかは自給自足、育てているのは主にジャグラーである。いい人ですねと風俗とかではよく言われたが、結婚していいとは言われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獄門島 (2016)

BSプレミアムで長谷川博己が金田一を務める「獄門島」が11/18の20時から放映された。金田一マニアでない限り、NHKに無理やり受信料を徴収されてこんなドラマを作られるとは災難だが、マニアなら非常に嬉しい次第。 しかし、思ったより長谷川博己というのは金田一に向かない俳優だなあ。演出のせいもあるが、意外と感情的でモノに当たるほど癇癪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ザ・メンタリスト シーズン7』 

シーズン7はファイナルということで、ホントに終わってしまったね。寂しいなあ。「踊る大捜査線」のファイナルはどこか終わってホッとしたところがあったけど、メンタリストは一話完結だし、続けても良かったと思うけどなあ。 何人かを除いて、って何人では済まないほど同僚に死人を出したシリーズだけど、このシーズンに出てた同僚は1人を除いてみんな明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼むぞNHK

今月11月の19日の土曜日に、NHKのBSプレミアムで横溝正史の「獄門島」が放送されるらしい。今回の金田一は長谷川博己とのこと。うーん、楽しみなような、少し怖いような… 頼むよ、NHKさんよ。 ヒロインは仲里依紗? うーん、 仲里依紗は好きな女優なんだけどね。鬼頭早苗なのか?もしかして三姉妹?うーん、頼むよ、拝むぞ~、と、鬼頭嘉右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出来ない理由

私は18時からは「できない理由」を探さないで、前向きに過ごすようにしている。金がない、時間がない、やっても無駄だ、と、後ろ向きに出来ない理由を探すより、どうすればできるようになるのか考えた方が良いだろう、と、 実は先日とくとくと友人のK君を前にしてぶち上げたのだが、よくよく考えたらK君は同じ考え方を18時より前に実践して成功を収め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ギルティ 悪魔と契約した女』 (2010)

まあ、今更2010年の連続テレビドラマなのだが、先日Netflixでアップされてたので思わず11話分、さらってみてしまいました。菅野美穂の復讐もの。じとっとした感じの陰気な復讐者役も実に似合うのだが、反面、普通の時の よく梅小鉢とかいう女の芸人がマネするような、不自然なほどあどけない振る舞いもまた菅野美穂っぽさ炸裂である。ギャップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポケモンGOGO

ポケモンGOが人気らしいね。電車の中で大勢がやってて、既に社会問題。警察が歩きポケモンに注意を促しているらしいが、一部有識者の間では非難の声も上がっているという。まあ、二極化すればそうなるよね。 歩きながらスマートフォンしてれば、エ口動画見てるヤツでも躓くわけだから一概にポケモンが悪いとは思わないけど、まああんまり私も興味ないね。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『m.c.A・T Best Singles+ 』 (2007)

昨日の更新分で紹介したダウンタウンのコントに使われていた「.Funky Gutsman!」(1994)を含む m.c.A・Tのベストアルバム。歌っているのは「とがしあきお」さんである。だからm.c.A・Tなのね。伸びの良い声の歌が多い。 林田健司、横山輝一、高野寛、楠瀬誠志郎… この辺の高めのトーンの歌手の楽曲を聞くとバブルを思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しょうた!

日曜の20時といえば私は現在、大河ドラマの「真田丸」を見てる時間だが、その昔にはダウンタウンのごっつええ感じというコント番組が放送されていた時間帯であり、振り返るとほとんどレジェンド級の番組だったと思う。 シリーズものが多く、この動画も前後の話があるのだが、いやもう、間やらシュールさやら選曲やら、レジェンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デソツマソ

デン、デンジマン。デン、デンジマン。実に懐かしい。いや、最近は甥っ子に付き合ってトッキュウジャーやらニンニンジャーやらジュウオウジャーなら見てて(変わんないなあ…)とか思ってたんだけど、全然変わってるよね。 何だか天知茂が出てきちゃいそうなフィルムのテイストだよね。ヘドリアン女王、懐かしい響きだね。よく子供…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『青森スタイル』 (IKZO&PSY)

パーフェクトヒューマンから江南スタイル、そして〆で紹介したいのが「青森スタイル」。我らが吉幾三と青森という土地と、韓国文化がコラボレーションすると、こんなにカッコよく、そしてセンスが良くなるものか。すげえ! あるわけねー!あるわけねー!おっ、おっ、おっ!しばらくこのリズムが耳を離れそうにない… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『江南スタイル』 (PSY)

今話題を集めているオリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」の元ネタはこの「江南(カンナム)スタイル」で間違えないだろうが、これもオレのツボね。初っ端、字幕の「兄さんは江南スタイル」から何か笑えていい雰囲気。 西伊豆のポンチャイ家が治めてる領地のちょっと上に静岡県の函南(カンナミ)町というところがあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『PERFECT HUMAN』 (オリエンタルラジオ)

お笑い芸人コンビ「オリエンタルラジオ」の新ネタ、「PERFECT HUMAN」の動画。いやもう、お笑い芸人と言っていいものだろうかって感じだよ。作詞はチャラ男キャラの藤森だということ。さ…才能あるよね、実際。 この分野の音楽に造詣があるわけでもないのだが、ラップの部分を聴いてる時点で特徴的な高い声が非常に合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工藤静香 『カラオケで歌いたいBEST10』

初めてCDで音楽を聴いたのが多分、親戚の家で聞いた「安全地帯Ⅱ」というアルバム。音のキレイさにビビった記憶があるが、さらにビビったのがCD+イヤホンで初めて聴いた工藤静香の「MUGO・ん…色っぽい」であった。 (す、すげえ音がいい!)…その頃の工藤静香はアイドルアイドルしてて声も可愛らしく高音で、さらに「ん~♪」の喘ぎ感というか、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『まぼろしの人』 (茶木みやこ:1977)

っつーことで昨日のカップヌードルのCMの話から引き続き、古谷一行版の金田一と言えばまさにイメージはこの曲、「まぼろしの人」でございます。なんでしょうね、今じゃこういう音楽や歌が出てくる機会はないでしょうね。 ノスタルジックな日本の田舎の風景と閉鎖的な旧家の陰湿なイメージ。これらは石坂浩二版と古谷一行版の共通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

STAY HOT

金田一好きとしては放っておけないのが最近やってる古谷一行御大の「日清カップヌードル」のCM。犬神家の一族、獄門島、八つ墓村、悪魔が来たりて笛を吹く…等々、結構な数のパロディを60秒にぶっこんできている。 古谷一行と言えば石坂浩二と並んでファンの中で1、2を争う「金田一俳優」である。私はどちらかというと石坂浩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クソ野郎

自民党の宮崎謙介衆院議員のニュースである。イクメン議員とか言って国会を育休しようとしていた男だが、不倫の記事がセンテンススプリングが出たもんだからの議員辞職。結構長い間、育休できそうだなハハハのハ。 って笑い事ではなく、何でこんな男が国会議員になれるのかというのが実に不思議である。奥さんも国会議員で「恥をかいてきなさい」と不倫ダン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『家族ノカタチ』 (※放映中)

『永里大介は、文具メーカーに勤務する39歳の独身で、結婚には後ろ向きの性格。一方の熊谷葉菜子は、大手商社に勤務する32歳のバツイチOL。そんな“結婚できない男”と“再婚しない女”の独身バトルを繰り広げるホームコメディ。』 渦中のSMAPのメンバー、香取慎吾の『家族ノカタチ』という日曜21時からのドラマである。香取慎吾の父親役で西田…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ザ・メンタリスト シーズン6』 

連休の空いた時間にスロ屋に行っても負けが膨らむだけ。他にやることもないので自宅で海外TVドラマの『メンタリスト』のDVDを見てたら、シーズンの最終話を見終えてしまった。今回も面白かったなあ。話は適当だけど。 主人公のメンタリスト、ジェーンの宿敵である「レッド・ジョン」との対決が遂に完結。シーズンのホントの途中でしょうもない感じにア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンデモ黒蜥蜴

昨日、フジテレビ系列で放映されていた真矢ミキの『黒蜥蜴』についてコメントをしたのだが、HDDレコーダーの設定をミスって前半数十分見逃した状態でテレビをつけて、数分であまりのトンデモな設定に絶句をしたのである。 これまでネット等で執拗に叩かれているフジテレビに若干気の毒なものを感じていた私。長らく栄華を誇ったものが没落するのを見て叩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやしい黒蜥蜴

「黒蜥蜴」といえばご存じ江戸川乱歩の名作だが、12/22(火)の21:00から真矢ミキ主演でテレビで特番のドラマとして放送されるとのこと。サイトを見る限り舞台は現代に置き換えられてる。明智小五郎は渡部篤郎とのこと。 http://www.ktv.jp/kurotokage/index.html/ うーん、色々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『祭りのあと』 (桑田佳祐:1994)

昨日の日記で書いたように、友人のK君を助手席に乗せて夜中のドライブ。星野源の新しいアルバムから、気分は「懐かCD」モードへ。なんつーかさあ、40過ぎの男の思い出の音楽なんて、ホントに懐メロだよな、懐メロ。 K君は「この時期は沁みるよなあ…」とか言って桑田佳祐の「白い恋人達」を挙げてました。うんうん、ホント名曲だよ。でも桑田佳祐とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『YELLOW DANCER』 (星野源)

K君と平日の夜にラーメンを食って彼の家に車で送る時に、Z5からBluetooth接続でカーステレオに飛ばされて再生が始まったのがこの星野源の「YELLOW DANCER」。K君は少しキョトンとしながら、「誰・・・この人?」と言う。 確かに…。K君はアーティスティックな気質があって、卓越した演奏力とか圧倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『安全地帯Ⅱ』 (1984)

ソニーのXPERIA Z5のウリのひとつに音楽の「ハイレゾ」再生があるが、スマートフォンが対応しているだけでは効果がなく、対応のスピーカーやヘッドホン、あとはソースとしてハイレゾ音源そのものが必要になるわけだ。 クラシックファンならピンとくる楽曲もあるかもしれないが、私ぐらいのライトな感じな人になると、(別にハイレゾにしてまで聴き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英雄

言われなきゃわからないことがある。教えてもらわなきゃ気付かないこともある。あの携帯のauのCM。ああ、桃太郎や金太郎。auを”英雄”にかけてるのか。なるほどなるほど。でも浦島太郎は別に英雄じゃないよなあ…。 …ということで今日の日記はこれまで。風邪ひかないように温かくして寝てな。お休み。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more