テーマ:埋め日記

「ナイブズ・アウト」(2019)

85歳の誕生日を迎えた世界的ミステリー作家のハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、その翌日に遺体で見つかる。名探偵のブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は、匿名の依頼を受けて刑事と一緒に屋敷に出向く。ブランは殺人ではないかと考え、騒然とする家族を尻目に捜査を始める。(シネマトゥデイ) … 映画の内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ドライヴ」(2011)

天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。ドライバーはアイリーン(キャリー・マリガン)にひそかに思いを寄せていたが、彼女には服役中の夫スタンダード(オスカー・アイザック)がいた。ある日、服役から戻ってきたスタンダードがガレージで血まみれで倒れている姿をドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『指』(1960)

私。小学生時代は江戸川乱歩に夢中になり、中学生時代はヒッチコック監督の映画に夢中になった。ヒッチコック監督の来日時、江戸川乱歩らが迎えたという話があるが、そういうことがあったと私が知るのはだいぶ後の話。しかし江戸川乱歩の短編「指」が「ヒッチコック・マガジン」というミステリー誌に掲載されたということはどこかで記憶があった。 右手の手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『お勢登場』(1926)

江戸川乱歩の作品の中でも結構メジャーな部類の作品じゃないですかね。NHKの満島ひかりのドラマでも映像化されたし、黒木華で舞台化されたらしいし。映画「RAMPO」の冒頭でもアニメで流されていたが、ホントに乱歩的なテイストに溢れた作品である。 小さい頃に読んだ時にはタイトルに違和感があった。今でも違和感は払拭しきれてない。個人的で勝手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『算盤が恋を語る話』(1925)

「日記帳」という作品と同じく、江戸川乱歩が内気な男の恋の告白を暗号で女性に伝えようとするお話。会計係のサラリーマンが職場の好きな娘の机の上にソロバンで暗号を残してドキドキするという、今なら少しアブナイ男の話なのである。 「日記帳」と同じく、告白の手段としては些か卑怯である。「あの、お気持ちはわかりましたが、ごめんなさい!」と恋愛感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日記帳』(1925)

初期の江戸川乱歩の作品は暗号モノが多く、デビュー作の「二銭銅貨」からして暗号モノだし、後の名作「孤島の鬼」も宝探し的な暗号解きの楽しさがある。翻案モノだけど「幽麗塔」もそう。。江戸川乱歩の名前の元ネタとなったエドガー・アラン・ポーの「黄金虫」もアルファベットの暗号だったが、暗号というのは実のところ犯罪には使われないんじゃないかと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一枚の切符』(1923)

江戸川乱歩のデビュー作「二銭銅貨」に続く第二作とされる「一枚の切符」。「二銭銅貨」が日本語を用いた暗号解読の作品だったので純日本製の探偵小説ともてはやされたようだか、何となくこの作品には汽車や博士や切符という、洋風な香りが漂う。 富田博士の邸宅の裏を走る列車に、富田博士の奥さんがひかれて死亡、というのが始まり。名探偵と名高い黒田と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『恐ろしき錯誤』(1923)

江戸川乱歩は自分に厳しい人だったようだが、やっぱり他人からも厳しい評価を受けることもあったようである。「二銭銅貨」「一枚の切符」で整理小説家として鮮烈なデビューを飾るも、第三作目のこの「恐ろしき錯誤」は時の編集長が「うーん、これはまだダメかなあ」と掲載を見送ったというのだから、やっぱり粗削りな作品なんだろうね。 私が見ても冗長な感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『夢遊病者の死』(1925)

江戸川乱歩の作品をこれから読む方にとってネタバレになるかも知れないが「疑惑」とか「二廃人」と同じような夢遊病を題材にした作品。自分が夢遊病だったら…と思うと恐怖だし、今ならwebカメラを活用したり発達した医学で対処が可能だろうけど昔は大変だろうなと思うこともある。推理小説としての題材としては面白い題材だろう。 ただこの作品の読みど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『疑惑』(1925)

映画でもドラマでも同じようなタイトルの作品が多く、江戸川乱歩の「疑惑」ってどんな話だっけな?と思う人も多いと思う。そもそもメジャーな作品じゃないから何ですかそれ?の人の方が多いと思うが、日を追うごとに主人公の話が転々としたり、家族に対する疑惑が深まってくるという乱歩の筆力がひしひしと伝わってくる作品である。 主人公と友人の会話で成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『断崖』(1950)

断崖と言えばヒッチコック監督作品の「断崖(原題:Suspicion)」(1941)も思い出す。Suspicionと言えば「疑い」とのことで邦題のつけ方が見事だなあと思うが、日本の方でも崖と言えばは2時間サスペンスの王道である。(何故わざわざそんなとこに…)と誰もが突っ込む崖の上の犯罪者の告白…。その発祥は、やはり江戸川乱歩なのではないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『二癈人』(1924)

江戸川乱歩の「石榴」とか「断崖」と似たテイストの短編。冬の温泉宿、日差しが障子いっぱいに広がって、その中で渋い煎茶とタバコを楽しみながら二人の男が火鉢を囲んで話す光景。この時点でなんかいいよねえ。温泉宿。 でもタイトルは「二癈人」。戦争で傷を負った男と、過去の犯罪で一生を棒に振った主人公。この二人を廃人と言ってるのだろうが、傷を負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1212

またAV女優の話ね。「宇都宮しをん」さん。ファンとか好みとかでなくて、何やら色々なことを考えさせてくれる女優さん。というのも端正な顔とダイナミックな胸で鳴り物入りで業界に登場したかと思ったら、レーベルを移籍して「RION]と改名。 改名したんだー。とか思ってたらバッタリとビデオ屋で新作を見なくなって、気づいてみたら「安齋らら」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1211

AV女優の話が続いたので、別の話にしましょう。2018年12月11日に何が起こっていたのか、ネットで検索して出てきた記事をお題に日記を更新しましょうね。…って意外とこういう検索の仕方しても当時のニュースは出てこないのな。 2018年12月のヘッドラインは「日産のゴーン元会長再逮捕」「流行語は”そだねー”」とかかな。平和な時代だなあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1210

今日もAV女優の話。「あらきれいこ」さん…知らんだろ?AV女優としての知名度は高くないと思うが、実はこの人とAV女優と知らずに部屋飲みしたことがある。男の友人2人と、3人で鍋でもやろうとか言ってたら「ひとり女の子呼んでるから」って現れたのがこの人。 誤解しないで欲しいが若い時分からリア充でもパリピでもないから、そんな話は人生振り返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1209

今日もAV女優の話ね。「羽月希」さん。すごく可愛らしいのにすごくプレイがハードで心配になっちゃう。元看護士さんだって。人の喜ぶことが好きなようで頼まれたり求められたりするとエスカレートしちゃうんだろうね。おじさんは心配です。 当然ここに書くぐらいなんでファンなのね。秋葉原でDVDを買って撮影会に参加できる券で実際にお会いしたことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1208

この日記をお届けしてるのは2020年の5月21日。日記の更新をしてない部分を必死に巻き戻って更新してるんだけど、どうも2018年の12月はひどいんだよな。日記の更新漏れは多いし、日付のナンバリングを飛ばしたりしてグチャグチャだし。 でも意外と私ってばマメな男で、ここの日記以外に別の日記をつけてんだわ。正確に言うとカレンダーソフトに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1207

懲りずに思い出のAV女優の話。「中沢慶子」さん。思い出も思い出だよ、私が初めて自分でレンタルビデオ屋で借りたAV女優。爺さまに家から離れた西葛西のビデオ屋の会員カードを作ってもらってね、自転車で3駅分、漕いで漕いで借りに行ったよ。中学2年生の頃だっけな。 中学生が(こんなキレイな人がいるんだー)と思うほどの清楚な美人だったなあ。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1204

またもやAV女優の話。今夜は「初川みなみ」さん。この方もデビューの頃から見てますが「可愛すぎて」却ってエッチじゃないなあって印象でしたね。現役女子大生でデビューでしたっけ?キャンバスにいたら大人気だろうけど、うーん、なんかアイドルみたいだな、と。 アイドルがAVに出たらそれはそれで大興奮なんだけど、AVに出てる状態でアイドルっぽい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1202

今日も思い出のAV女優の話をしようかね。「初音みのり」さん。デビューの頃から見てるけど、最初は「麻美ゆま」さんとダブル主演のような感じで初々しい感じでしたね。でもボディが全然初々しくないダイナミックさでした。 で、だんだん笑顔の素敵な明るい(おばさん)っぽくなってきて、いやいやいやいや、誉め言葉よ。身近な感じの雰囲気なんだけど完璧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1201

今日も思い出のAV女優の話でもしようかな?「葵」さんってご存じか?同じエスワンに「葵つかさ」さんって人がいて、なかなか検索にひっかからないんだけど、本人は検索でひっかからないような名前にしたかったと何かで聞いたことがある。なんて消極的なんだよ、ハハハ。 顔は徐々に変わってきた気がするけど、女性は化粧の仕方でも雰囲気が変わるし年齢と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1130

思い出のAV女優の話をしたって、ホントに好みの世界だからピンと来ない人も多いと思うんだけど、せっかく誰もみる機会のないところなので徒然に思い出してみると、そうだなあ、「辰巳ゆい」さんも好きだったなあ。胸のカタチも自然でキレイで、ホントに色白でね。性格も明るそうで。だから何だ、って話ですよね。 (2020/05/21)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンフリ2020

マイジャグⅣで珍しいプレミアムを引いたのでご報告。まずレバーオンでペカ。それが点滅して後ろのギザギザの枠がグラデーションする演出へ。まあ各々だとあまり珍しくないが、リールが回り出すまでに相当時間がかかるから違和感が強烈で、クラッシュ系のフリーズを引いたような気になるわけです。 まず先ペカが全体の1/4でしょ?先ペカにはレバーオン時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪のアンちゃんに感謝

マイジャグⅣで鬼のようにブドウの確率の悪い台に座り、いよいよ遠隔を疑い出した頃にBIG。そして何事も無かったように飲まれて12,000円負け。うーん、あと1万ぐらい負けたら帰るかな?と別の台に着席したのが19時をだいぶ回った時の出来事。 4,000円でREGを引っ掛けてからというもの、200ゲームハマらずにBIGやREGを小気味良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more