テーマ:

凡作レイディオ1212

またAV女優の話ね。「宇都宮しをん」さん。ファンとか好みとかでなくて、何やら色々なことを考えさせてくれる女優さん。というのも端正な顔とダイナミックな胸で鳴り物入りで業界に登場したかと思ったら、レーベルを移籍して「RION]と改名。 改名したんだー。とか思ってたらバッタリとビデオ屋で新作を見なくなって、気づいてみたら「安齋らら」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1210

今日もAV女優の話。「あらきれいこ」さん…知らんだろ?AV女優としての知名度は高くないと思うが、実はこの人とAV女優と知らずに部屋飲みしたことがある。男の友人2人と、3人で鍋でもやろうとか言ってたら「ひとり女の子呼んでるから」って現れたのがこの人。 誤解しないで欲しいが若い時分からリア充でもパリピでもないから、そんな話は人生振り返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1209

今日もAV女優の話ね。「羽月希」さん。すごく可愛らしいのにすごくプレイがハードで心配になっちゃう。元看護士さんだって。人の喜ぶことが好きなようで頼まれたり求められたりするとエスカレートしちゃうんだろうね。おじさんは心配です。 当然ここに書くぐらいなんでファンなのね。秋葉原でDVDを買って撮影会に参加できる券で実際にお会いしたことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1207

懲りずに思い出のAV女優の話。「中沢慶子」さん。思い出も思い出だよ、私が初めて自分でレンタルビデオ屋で借りたAV女優。爺さまに家から離れた西葛西のビデオ屋の会員カードを作ってもらってね、自転車で3駅分、漕いで漕いで借りに行ったよ。中学2年生の頃だっけな。 中学生が(こんなキレイな人がいるんだー)と思うほどの清楚な美人だったなあ。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1204

またもやAV女優の話。今夜は「初川みなみ」さん。この方もデビューの頃から見てますが「可愛すぎて」却ってエッチじゃないなあって印象でしたね。現役女子大生でデビューでしたっけ?キャンバスにいたら大人気だろうけど、うーん、なんかアイドルみたいだな、と。 アイドルがAVに出たらそれはそれで大興奮なんだけど、AVに出てる状態でアイドルっぽい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1202

今日も思い出のAV女優の話をしようかね。「初音みのり」さん。デビューの頃から見てるけど、最初は「麻美ゆま」さんとダブル主演のような感じで初々しい感じでしたね。でもボディが全然初々しくないダイナミックさでした。 で、だんだん笑顔の素敵な明るい(おばさん)っぽくなってきて、いやいやいやいや、誉め言葉よ。身近な感じの雰囲気なんだけど完璧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1201

今日も思い出のAV女優の話でもしようかな?「葵」さんってご存じか?同じエスワンに「葵つかさ」さんって人がいて、なかなか検索にひっかからないんだけど、本人は検索でひっかからないような名前にしたかったと何かで聞いたことがある。なんて消極的なんだよ、ハハハ。 顔は徐々に変わってきた気がするけど、女性は化粧の仕方でも雰囲気が変わるし年齢と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡作レイディオ1130

思い出のAV女優の話をしたって、ホントに好みの世界だからピンと来ない人も多いと思うんだけど、せっかく誰もみる機会のないところなので徒然に思い出してみると、そうだなあ、「辰巳ゆい」さんも好きだったなあ。胸のカタチも自然でキレイで、ホントに色白でね。性格も明るそうで。だから何だ、って話ですよね。 (2020/05/21)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想いはこの地に届け

何の変哲もないTSUTATAの看板である。しかしこのTSUTAYAは静岡県の大仁にある店舗。振替休日を利用した平日の2連休の休みを利用して訪れた西伊豆の、最後の夜に立ち寄った場所でのひとコマである。 伊豆の国市のホールでスロットを打ち、大仁の焼肉食べ放題で焼肉でも喰おう、という合間に立ち寄ったこの場所で、思わずムフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働き過ぎさん

ホワイト企業とブラック企業、働き方改革と過労死。対比する要素はいくらでもあるが、最近は働き手に優しく、使う側に厳しいご時世が続いている。パワハラモラハラセクハラと、企業も上司も窮屈な時代になっているようだ。 私も混じりっ気無しのダメサラリーマン。給料が少ないぐらいしか、あまり会社に不満はない。もしガンダムがあったらオレが一番上手く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出くわす確率

唐突ですが皆さん、「ヤ〇マン」の女性にあったことあります?誰それかまわずヤラせてくれるからヤ〇マンと呼ばれるのだろうが私、これまでの人生でそういう女性に迫られたどころか、お会いしたこともございません。 そう呼ばれるタイプの女性にとっても (この人はNG)と思われているなら仕方が無いが、多分、その呼び名の知名度ほど世間にはいないんだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エ口本さん

私は、カリカリしていた。台を変え、店を変え、挙句の果てに車に乗って東京を離れ、わざわざ群馬や埼玉のホールに足を運んでも、ニューパルサーSPⅡの挙動は変わらずマイナス設定6ぐらいの出方なのである。 もう私自身が変わるしかない。私が私だからダメなんだろう。3万円を失って軽く自暴自棄になり、その店に併設されたローソンのATMでなけなしの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オシドリ夫婦

藤吉久美子、56歳。推定Fカップ。タレントの太川陽介の奥さんにして、古くは天知茂の美女シリーズの最後の文代役として2話出演したこともある女優である。って、やったなあオイ。同年代のテレビプロデューサと不倫疑惑。 ホテルの一室で朝まで共に過ごして、男女関係はないとは、いくら部屋の中までは見えないからといってそれは通らないだろう。それで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イメージDVDを

小田飛鳥というセクシーアイドル(AV女優ではないらしい)のイメージDVDを見る機会があって(アダルトビデオではないらしい)、それを見た感想なんだけど、もう性器を見せなきゃAVじゃないでしょ感が実に素晴らしいです。 オ〇ニーシーンもF〇CKのシーンもキッチリあって、ただギリギリのところでモザイクかけずに済んでるからAVじゃないんだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整理整頓くん

衝動的に数枚アダルトDVDを買う機会があって、まあ、そんなものが何枚も部屋にあっても仕方が無いので、(1枚10円でもいいから売ってしまえ!)と5枚ほどカバンに入れて秋葉原へ売りに出かけたのである。 こう見えて初めての経験である。アダルトに限らずソフトを売却する時は身分証明が必要だろう。10円20円で売却するのに免許書見せて買っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せの欠片

若い頃に憧れていた人に突然出くわす経験はないだろうか。私にとってその女性は、今でいうセクシー女優の松本まりなに似た、ゴージャスでいて優しい佇まいの、すらっとしたシルエットの美しい、優雅な女性であった。 そんな女性に先日出くわして思ったのは、やっぱり今の松本まりなにソックリだなあという印象。今は熟女セクシー女優の活躍の場が多く、松本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柔らかアタマ

Facebookをぼーっと見てたら、色んなビジネスがありますね。今日見たのは「女性の為の性開発」だって。あんまり詳しく書くとアレだけど、「マルチオーガズム」を経験してない女性は人生の大部分を損してるってことで、 主催者が丁寧にアレして、それに導いた女性の体験談のようなものを転載してるのね。まあ私もその考え方には同意。せっかく女性に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボツボツ

乳輪のボツボツのことを「モントゴメリー腺」というところまでは広く知られていると思うが、由来がアイルランドの産婦人科のウィリアムフェザーストーンモントゴメリーという医師から来ていることはあまり知られていない。 カッコいい名前だなあ。まあボツボツはともかく、ボチボチ仕事ものんびりしてくればいいなあと思います。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

潤い

嵐の松本潤が女優の井上真央と付き合ってるにも関わらず、AV女優の葵つかさとも関係があった、というニュースである。私も葵つかさに関しては(へえ…こんな可愛い女の人が激しいことやってるよなあ)と思ったものだが、 正直、それほどタイプでもないので、あまりお世話にはなってない女優さんではある。で、怖いのがやっぱりジャニーズのオタクの女性陣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲とか咲とか

職場で女優の仲里依紗とセクシー女優の奥田咲が似てるという話をしたら、「どっちも知らない」ということで会話が強制終了。こういう人って人生楽しいのかな?もうちょっと世間にアンテナを張って生きて欲しいと思うが、 仕事に家庭にTOEIC。人生の優先度をソッチ側に振ってる人の方が、普通は人生豊かで楽しいよね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかしょーの話

私だって男である。昔も今もグラビアアイドルに興味がないはずがない。昔で言うと優香とか真鍋かをりとか、イエローキャブ路線で言うと小池栄子とかMEGUMIとか。「いや~キミたちかあ」の混浴露天風呂の演技でお馴染、 古谷一行御大の息子とあのMEGUMIが結婚して古谷MEGUMIになったのはワリと有名な話だが、あのエ口ジジイとあのエ口ボデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憧れの人

仕事で移動中に上野駅で俳優の宝田明を見てね。結構お歳をめされてたけど、やっぱりダンディでしたね。ピシッとしてて。 誰かが宝田明に「イイ女ってどういう女性ですか?」って聞いたら、「それは感度のイイ女性ですよ。」と答えたそうで。うーん、深い。真理でしょうなあ。 それを聞いて以来、私は私は宝田明のファンなのだが、まあそれでもスマートフォン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ああ無情

とある地方都市を徘徊。さすがに現役を退いたので見てるだけだが、界隈のピン○ロが5,000円から、お○ぱいパブが6,000円から、キャバクラが7,000円、という感じの価格設定にビックリ…というか無情を感じたものだ。 まあ、私は酒を飲まないから、この価格差は出てくる酒の差なのかも知れないが、チ○ポをくわえて発射まで導くピ○サロより、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水着ちゃん

ちょっと日付はズレるがパチスロの師匠と「浦安万華郷」というスーパー銭湯に行った話。いや、「浦安万華郷」自体は何度もこの日記で紹介してるから目にした人も多いと思うが、やっぱり目玉は「水着ちゃん」なのよね。 水着ちゃんとは読んで字の如く、水着を着た女性のことで、まあ大抵は10代の後半から20代後半までを指すんでしょうな。それ以外も当然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お馴染みの動画

インターネットが驚異的な進歩を遂げ、それに合わせて検索エンジンも強烈に進化した。もはや興味のあるものは何でもネットで調べられてしまうのではないかと思ってしまうが、残念ながらそこまで進化はしていないものだ。 例えば私が好きな明智小五郎や金田一耕助モノ、あるいはヒッチコック映画など、ある程度の情報はネット上で調べられるが、マニアの領域…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人のお土産

立派でちゃんとした社会人としての経験が足りない私は、世間を渡る常識が少し欠如してるんじゃないかと思う。まあ結婚して居を構えたわけでも、会社から支給を得てマンションを買ったわけでも、子供がいるわけでもなく、 ある意味、仕事の経験は一丁前以上に積んでるけど、ステップとしては新入社員と同じところにいる社会人。それが私という大人なのだと思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

買う買う君Z ~エロゲー~

この歳になってPC向けのエ口ゲーを買うことになるとは思わなかったが、うーん、迷うぐらいなら一期一会なのだから買ってしまえと、9,000円ちょっとするエ口ゲーを購入してしまった次第。一応、ネットでの価格調査もしたが、 アマゾンでは送料込みで8,000円チョイ。送料が350円別途かかってのその金額。量販店で11%のポイント還元もあって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二度目三度目

話は唐突なのだが、DVDレンタルショップのTSUTAYAは色んなところにあるが、店舗によって料金形態が違っていたりするのである。基本は同じ品揃えだが、店の大きさによってレアな作品もあったりするのである。で、だ。 新宿や池袋にいる時、何の気なしにTSUTAYAを覗きこむと、あ、これ見たかったんだよな、という新作の映画がリリースされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春時代’15

日記の更新を滞った時、いつも思うのは、(うーん、何を書こうか)と、そういうことである。パチンコで負けたり、パチスロで負けたり、人生に負けたり、日々フレッシュな体験には事欠かないが、時間が経つと印象が薄れるものだ。 かといって私のポエムを掲載しても誰も喜ばないはず。うーん、ならば何を書こうかと思い至るに、水が低きに流れるように、下ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次は必ず

パチスロの師匠と一緒に夜な夜なスーパー銭湯に行った帰りの話である。時刻は12時を回ろうとしていたが、2人とも夜を持てあましていたので、車での帰路の途中のドンキホーテに寄って行こうという話になったのだ。 師匠の車を止め、そそくさと入店。グイグイと進む通路の壁面に、珍しいものを発見して立ち止まる。「これ…何ですかね?」「何だろね?」……
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more