テーマ:パチスロ

ふざけろ手数料!

20日が給料日なのだが、本日20日が土曜日なので昨日私の口座に月給が振り込まれたわけだ。このご時世、安定に月給が振り込まれるのは有難いので多い少ない言うのは贅沢かも知れない。この日記を読んでる人からすると私がパチスロで好きで負けてると思っている人がいるかも知れないが、仮にその負け分を税金とか年貢などと認めてくれるならば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダーD3

この歳になり、毎年やる健康診断を終えたりすると丈夫な身体に産んでくれた母親に感謝する機会が増えた。若い頃はできればハンサムに産んでもらいたかったと思ったこともあるが、40を超えて顔面の造りにブーブー言う気はなく、だらしなくブクブク太って醜いのも、甲斐性に乏しいのも自分の責任であり、その点については納得はできているのだが、 それでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIG1回、REG10回

パチスロ「吉宗3」でBIG×1、REG×7。ちなみに昨日もREG×3。BIGとREGの比率は最悪でも55:45と聞いてるが、いや、半々でもいい。50%でもいいけど、いくらなんでもBIGが出なすぎだろう!…と別におカネが惜しくて怒っているのではない。 いや、おカネの話でいうと冗談抜きで死がチラつくぐらい金銭的にも損害が大きいのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀魂とハゲの話

「吉宗3」で2万円ぐらいかけて50枚ぐらいしか出ないREGである将軍絵柄揃いを、スマートフォンの動画撮影機能を使って撮影。これをパチスロの師匠と西伊豆のポンチャイ君に配信するのには大きく2つの理由がある。 まず一つは負け組の負けザマを見せつける意味である。勝負の世界は弱肉強食である。例えるなら美味しそうな豚肉とかトンカツとか、目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とり切れず

多分、私が他人から話を聞いたなら「そりゃそういうこともあるよ」とか「そんな時間からもう一周する方が悪いよ」と冷静に話をするだろうが、自分の身に起こったことだとヤッパリ冷静ではいられないのである。 パチスロで毎回毎回負け続け、全く勝てないゲームだと悟れば、パチスロなんてやるはずがないのである。隣で爆発したり、タマに自分が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳を焼く光と音

kiiin.mp4 はーい、次のレバーオンで鳴らすよ!それっつ!ということで吉宗3の爺BIGで1Gさせる瞬間を動画に収めたのだが、別に長回ししてたのを編集で切ったわけではない。実はわっくわくチャンスは7揃いフラグも引かず、パンクも引かないまま50ゲーム消化すると、レバーオンで告知されてそのまま自動でリール上に7が揃う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お金で買って

ジョブスでも早世するし、孫正義でも毛根が死滅している。巷で話題の育毛剤の効果がテキメンなら氏の頭髪はフサフサなはずで、まあ、金で全てが解決するわけじゃない。金で解決できることは世の中で95%ぐらいの物事だと思う。 いや、お金を持てば持つほど、解決できないと感じることのパーセンテージは下がってくるのだと思うが、負け組凡作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷹のカタチの小さいランプ

600ゲームを超えて、1/16384の確率の特定役を引く。嬉しいは嬉しいが、どうせ引くなら100ゲームぐらいで引いてくれよ、と思う。特定役はBIGが確定するので天井直前の700ゲーム後半でもメリットがあると言えばあるのだが、これがボーナス終了直後なら、800ゲーム近く回す金額的・労力的なコストを軽減できるのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出来レース その2

昨日の写真の逆。「吉宗3」で一撃必殺の可能性を秘めた上位特化ゾーンが3連発。昨日の「最低」Gブレイク3連発に比べると発生頻度は多いと感じるが、昨日の「BIGのおおよその獲得枚数は初めから決まっている」という出来レースと仮定すると、この3連発は意外と腑に落ちる。 最初に「このBIGは大体800枚ね」と機械側が思ってる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出来レース その1

パチスロ6号機は「出来レース」とよく言われる。店が買って客が負けるという原則が出来レースというなら大昔からスロットは出来レースだが、6号機になって特に、プレイヤー側が何をやっても何を引いても、裏で決められた結果しか出てこない、という印象が強くなったと。 ボーナスが終わった瞬間に「次のボーナスは何ゲーム後に何のボーナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両方とも失った日

パチスロというのは高設定を長く打つことが最大の攻略法である。写真は設定4以上が確定するというラブリーパネルだが、平均711枚とされるBIGの獲得枚数が380枚。高設定ほどBIG比率が高まるというのにREG,REG、REG。高設定はポイントによる解除率が上がるというが天井が799ゲームだというのに恩着せがましく724ゲーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

似てる感じのお二人

「吉宗3」において意外と悪代官と越後屋を捕まえる演出は期待度が高い。3割チョイで当たりに結び付く演出とのことだが、吉宗が間違えてひっとらえる2名が、いつものお兄さんでなくて写真のようにちょっと悪代官と越後屋に似た感じの2人だとチャンスアップである。 ちょっと見逃してしまいそうな細かいところだけど、こういうのを覚えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・超わっくわく

MOV_4413 (1).mp4 前回のリベンジで、吉宗3で「超わっくわくチャンス」で7を揃う動画をお届けしましょう。突入すれば96%で1G連するとされる「超」の方のわっくわくチャンスに入ったので、2ゲーム目に先代のモードに切り替えて数ゲーム。「ジャッギーン!」と光ったね。良かった良かった。 こうやって脳が焼かれてや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超わっくわく

tyouwakuwaku01.mp4 「吉宗3」のBIG中、「超わっくわくチャンス」に突入すると96%で7揃い、つまり1G連に至るという。これだけ打ってるのに3回しか入ったことがないので相当確率は低いだろうが、上の動画はそれをハズした動画である。 レアな超わっくわくなのに、ハズすのは更にレアだぞバカ野郎。まあ、不幸自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤメたくない

さて、唐突に「吉宗3」である。出目は松のひし形で1/16384の特殊役。コイン投入口のちょっと左上に鷹のカタチのランプが点灯しているのが見えるだろうか?演出が発生した瞬間に気づいたので丁寧に目押しして特殊役に気づいた。状況はどうであれ、BIG確定だ。 どうせ飲まれるからさほど嬉しくもないし、案の定飲まれたのでさほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吉宗3」(Androidアプリ)

ジャグラーシリーズはサンダーVシリーズ、あと新しいアステカなど何度かパチスロのアプリを買ったことがあるが、秒で飽きるのは買う前から分かっている。ホールでお世話になった、いや、お世話してやった思い出に購入するというのが意味合いとしては近いように思う。 古くはスーパーファミコンで結構な値段で再現度の低いスロソフトを買ったこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【思い出の名機】「スーパーヘビーメタルA」(1994)

スロ童貞とかスロチェリーとはよく言うが、経験がなく目の前に相対した時に戸惑う点と思い出を美化する点は確かに同じかも知れない。ただスロット機と女性とは基本的に全く違うし、私は逆にスロほど女性に関しての思い出は少ない。スロを覚えたてで最初に打った時は(なんだこれ)と思った台でも、後から経験や知識が追い付いてきて(あー、そうだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【思い出の名機】「マジカルベンハー」(1991)

幼少の頃、ゲームセンター…というより駄菓子屋に「国盗り合戦」みたいなレトロゲームがあって、思い出すと懐かしさでキュンキュンくるんだけど、そのテイストに似てるのがレトロなパチスロ機。大東音響の「マジカルベンハー」も電飾とか効果音とかゲーム説明とか、そんな昭和なムードを醸してませんでしょうか。兄弟機は高砂電機産業の「ドリーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【思い出の名機】「コンチネンタル」(1990)

今でいうユニバ系の瑞穂製作所の3号機。シックでトラディショナルなデザイン。安定の7絵柄の美しさ。シンブルでベストなBARのデザイン。大きさや色遣いのバランスが最高な小役絵柄。中段単チェリーに浮かぶ白いJACの文字、青いプラムに浮かぶ赤いJACの文字。少しザラっとした感覚のリール。チープだが耳に残る効果音。単チェリーの払い出し音の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オブ・ザ・イヤー!(2)

せっかくなんで昨日に続いてスロオブザイヤーの2006~2011を。 ================================== 2011 ・北斗の拳 世紀末救世主伝説 ・ミラクルジャグラー ・押忍!番長2 ・怪盗天使ツインエンジェル3 ・ミリオンゴッド-神々の系譜- ・旋風の用心棒-胡蝶の記憶- ・ダイナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オブ・ザ・イヤー!(1)

なんかマジメにパチスロの話をしたくなったので(何でスロがマジメか)、ちょっと時間をかけてデータを集めて過去数年のマイ・ベスト・オブ・ザ・イヤーのノミネート台を選出してみました。毎年やってる気もするが、まとめたものは無かった気がします。 その年に打ち込んだ…というよりその年に設置された台からノミネートしてます。 =====…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大丈夫なんですか?

何度も同じことを言って恐縮だが、その昔に地元のホールの女性店員に「あの…大丈夫なんですか?」と言われたことがある。毎日のように3万円とか5万円負けて、それがジャグラーのシマだったので余程幸薄い男だと思われたのだろう。そうです。私が幸薄のオジサンです。 でも、今や「大丈夫なんですか?」と私が言いたいのである。時代が悪いのか規制が悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敵にソルト

千葉のホールのイベントで「100円でカップ麺詰め放題」というのがあったので参加してみた。100円を支払いビニール袋を貰って(えい、えい)と詰め込んでみるもせいぜい4つぐらいしか入らない。そもそもハングリー精神がない私のような人間がこういうことをするのが間違っている。途中で虚しくなって4つどころか1つ返して3つでその場を去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首吊り線

パチスロの調子が良くて今日で5連勝。まあここ3日間は7500円、6000円、1000円と来て金額的には大したことはないのだが、負けるよりは全然いい。今日も等価の千葉に出向いて、あと1枚でプラス、あと17枚でプラスと、そんな薄氷を踏むような勝負を続けてようやくプラス1000円にこぎつけた。 パチスロをやる人には好調期と不調期を語る人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年の猪狩くん(12/23)

更新の滞る12月の日記に突如として猪狩くん、と怒りを題材にしたタイトルをブッコンできてるので、さては凡作、相当オカンムリだなと思った方。実はそうではない。世の中に怒っているが個人的には実は上機嫌なのである。 3と9の付く日はサンキューの日ということで、とあるホールは強い日(=出玉の見込める日)とのことである。会社の人々の見るFac…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交換率考

このご時世、お金のやり取りとするのに値段の提示もしない企業ってのもあり得ない話だが、それが平然と成り立ってるのがパチンコ業界である。パチスロの場合、1000円で何枚メダルを貸してくれるのかは明示されている。都内では1000円で46枚貸してくれるホールが多いが、では何枚で1000円に戻してくれるかを教えてくれるホールは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【思い出の名機】「ウイリーチャンプ」(1994)

エーアイというメーカーの4号機A-Cタイプの「ウイリーチャンプ」。エーアイと言えば私のデビュー時期でいうと世代でない「サファリラリー」「グレートハンター(グレハン)」が有名なのだが、もっと有名なのは社名変更して出した「吉宗」「番長」シリーズ。そう、後の大都技研がエーアイなのです。 ウイリーチャンプ自体は当時のオリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【思い出の名機】「フリッパー3」(1994)

思い出補正、私の多感な時期の甘酸っぱい思い出込みで考えても、まさしくザ・ノスタルジック・名機。ユニバのフリッパー3である。のっけからアタマの悪そうな文章で恐縮だが、それだけこの台には思い入れがある。 門前仲町の、今でいうMファクトリーとかいうホールは以前は第〇ユタカという名前だったと思うだ、その頃の中2階にフリッパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【思い出の名機】「アラジン」(1989)

伝説の集中役「アラジンチャンス」で有名なアラジンは当時サミー工業と提携関係にあったニイガタ電子が発売した2-2号機。3号機で集中役のパンク確率は1/300以上と引き上げられたので、2号機の「アラチャン」は1/753のパンクを引くか、1/410のビッグを引かない限り終わらない。REGを引いても終わらない。引いただけトク。そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【思い出の名機】「ラッキーチャンス」(1995)

尚球社、今の岡崎産業の4号機「ラッキーチャンス」。岡崎産業になってからの機種がピンと来ないので尚球社で続けますが、尚球社はMAXベットとか期待値方式を最初に取り入れたメーカーとして有名だった(と思う)。4号機でいうと前作の「ジャックポットⅡ」も絵柄のテイストは似ていたが、左リールのストップボタンを連打すると小役やボーナス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more