いきなり当たり屋

DSC_5242.JPG


いきなりステーキに好きで行って文句をいうという当たり屋シリーズ。今回はテイクアウトの「牛串」について。お馴染みワイルドステーキを串タイプにしたようだけど、うーん、どうでしょ?

当たり屋といいつつ、高級で高いステーキよりも手軽なステーキの方が好きな私だから文句をいいながらいきなりステーキに通うんだけど、やっぱりワイルドステーキは当たりハズレが大きい。語弊を恐れず言えば私は「硬くて臭い牛肉」が結構好きなので、どっちに転んでも楽しめるのだが、ブルジョアな私の友人なら2口ぐらい食って残す可能性があるレベル。

これを「テイクアウト」の「牛串」にすると、「硬くて臭い牛肉」という印象を更に加速させる可能性大。だいたい、ステーキソースとかワサビとか店舗と違って調味料が乏しい状態になるので、肉の味がそのまま出るし、串タイプなだけに良く焼くと歯ごたえも匂いも強くなる。

流石に正月の初詣の屋台の牛串より味も値段も量も上だが、これを店舗でライスとスープと抱負な調味料とで頂くのとテイクアウトと比べて、果たしてメリットがあるのか?という話である。値下げしたとのことだが1本80グラム?3本で240グラム?で1,300円弱。なかなかの値段である。

ウーバーイーツで配達してもらう人もいると思うけど、1,000円超える食事ならもう少しワクワクしたいよね。というか文句を言いながら通うのは好きな証拠。もっと頑張って欲しい…というか、思い出した!店員がパックに入れた牛串3本をそのまま持ってきて、「おカネ払うから袋に入れてよ」と言ってそこから3円追加で払ったという経緯があった。

小泉進次郎に罪があるのかも知れないが、匂いも肉汁もタレもあるテイクアウト商品で、密封性のない容器に入れるんだから「袋お付けしますか?」ぐらいは初回の支払いの時に確認して欲しい。そこで3円ケチったらクルマの中が大変なことになってしまうわ。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント