KYOKA モバイルバッテリー

ama20210117.JPG



アマゾンを何気なく見てたらタイムセールとのことで2,864円でポチらせて頂きました。今見たら3,580円。確かに安くなってたんだね。ありがとう。ということで2020年冬のボーナスの使い道はモバイルバッテリー とさせて頂きました。

我ながら天邪鬼。これだけモバイル系ガジェットが好きなのにモバイルバッテリーを買ったのはこれで2回目。出張や外出が多いので必須かと思いきや、新幹線やホテルなどUSB充電器さえ持っていれば全然問題がなかった。

言うなればモバイルバッテリーはこれまで携帯トイレのようなものとして考えてたわけ。家やホテルや市街地にいれば何とかなるでしょ。ちょっとぐらいはガマンしたり計画的に動けば問題ないでしょ?と。

それが緊急事態宣言が出て「家から出るな」と言われると、逆にモバイルに思いを馳せちゃうんだよね。マジで天邪鬼。ガジェットとこのモバイルバッテリーを詰め込んで、国会議事堂付近を練り歩くピクニックにでも出てみようかと思っている。

ということで充電中でまだ使用してないんだけど、まあモバイルバッテリーは持っててもいいかもね。これは30000mAhの大容量。今メインで使ってるXPERIAが3000mAhだから、10回分充電できるわけか。XPERIAちゃんスタミナないから、これは助かるなあ。で、本体にUSB(A/Micro/Type C)が一体化されてて便利。BluetoothイヤホンとかWi-fiルータが未だにMicroBで、ケーブルの入れ替えが面倒だったんでこれは助かる。そして残量が表示されるデジタルもカッコいいし機能的である。

LEDライトもついてるので防災用としてもいいね。置いとくだけでも存在価値はありそうだね。でも、ここから先は私にとってのデメリット。まず重い!デカくて重い!ポチる前に想像しとけという話だが、約391gということでワイルドステーキよりもボリューム満点だ。これは…多分モバイルしないな。ハハハ。

業務用のカバンに入れるには重すぎる。出張やクルマでの移動だとすると電源が取りやすい環境だからこんなに大容量なのは必要なかったかな。付属ケーブルもライトニングは要らんし、謎の鏡面仕上げもモバイルガジェットには大きなお世話かな。キレイなまま使えるように燃えにくそうなポーチがついてるけど、余計に場所とるわな。

大容量モデルを買っておいてデカいって文句はクレーマーもいいとこだけど、まあこのまま使わないにしてもいい勉強になったかな。携帯トイレのつもりで持ち運ぶなら薄型軽量のものをまた検討すればいいし、調べてみたらコンセント付きのモノもあるみたいね。コンセント付きはたぶん便利だわ。

ということで、次の夏のボーナスは薄型のモバイルバッテリーにしたいと思います。では。
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント