「牛たん麦とろ御膳」(吉野家)

我々の世代ならキン肉マンの「♪牛丼ひとすじ300年、早いの旨いの安いの~」のフレーズは脳裏に残っていると思う。早い、旨い、安いというのは最高の誉め言葉である。300年は盛り過ぎにしても吉野家の牛丼にはその誉め言葉に値する価値がある。

が!


牛丼以外には課題は盛りだくさん。いつも牛丼以外を食べて文句を言ってる私が今回文句を言うのがタイトルにもある「牛たん麦とろ御膳」である。おい!吉野家!吉野家ならもっとクオリティの高い牛タン定食が出せるだろっ!

まず牛タンがやっつけ仕事である。ネギ+塩ダレで豚料理との使いまわし。牛タン自体も大したものではなく、厚切りの味わい深い素材など期待するべくもない。そして麦めし風の何か。白米に餅ち麦が載せてあるのだが、これを麦めしと呼んでいいはずがないだろう!

オクラは私の好みでないだけなので批判は避けるが、たぶん要らないと思う。そして味噌汁も普通。ここはテールスープを用意して欲しかった。いや、これが500円ならここまで文句も言わないのだが、LINEのクーポンやら面倒な手続きを経て割引した後で899円。普通に頼んだら千円近くする食事の内容じゃないんだって。

早いの旨いの安いの~が泣くぜ。っつーか、物価も上がってるし消費税も上がったし、クーポンや割引券で囲い込みする分、価格に載せないと仕方ないのかなあ。嫌な世の中になったよね全く。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント