松ジンすすきの

会社からはお前(ぐらい)しかいないから行けと言われ、現地からは「東京からくるんですか…」と言われ、同僚からは「いない間の仕事はどうすんですか?」と言われ、上司からは「他の人はいないのか」と言われ、他の人からは「楽しそうでいいですね」と言われ、年老いた母親からは「会社でイジメられてるんじゃないのか?」と言われながらの札幌出張である。

別で好きで行くわけではない。便数は減ってるがその分、ギュウギュウに詰められた飛行機に誰が好き好んで乗るものか。交通機関など社会インフラを支える人々に感謝しながら、このヘンは見て見ぬフリしながらリスクと共存しようとしてるのに、自宅勤務の中でブーブー言うだけの人に文句や愚痴を出さずに過ごすのは、やはり自分の気の持ちようである。

札幌という土地は好きである。イクラはキライだが食事は大好きである。東京から来てスミマセン、という気持ちと、何とか札幌の産業を応援しようという思いと、まあ複雑なところはありますが今回は店員3名、お客さん3名の「松尾ジンギスカン」でお食事。オジサン、張り切って食べちゃうからな!



DSC_1200.JPG



オジサン、下戸なのでアルコールをバンバン頼んで売り上げに貢献することはできません。しかるに食べ放題は2名からとのこと。スーパーぼっちの私は1名で5人分食べれば売り上げは稼げますよね?まずは特上のラムをもってきて…

と、それでも980円ですって。やっぱ本場はお安いね。周りには高級な肉しか食べない人も多く、こんな色のお肉は見ただけでおなかを壊しちゃいそうなセレブも多いんだけど、これはタレに漬け込んでるからこんな色をしてるんですよ。ラムのモモの良い部分をじっくり漬け込んでるからこんな色になってまして、鉄板の上でサッと色が変わったところで頂くのです。

生ラムジンギスカンと漬けダレのジンギスカンと本場のジンギスカンも人気が分かれるらしいけど、うーん、これは選べないなあ。焼肉としての旨さと、鍋料理としての旨さと別物ですからね。つーか私はマトンのロール肉も野生の臭みがあって旨い旨いと喜んで食べるタイプなんで信用してもらえないかも、だけど、私はホントにジンギスカンが好き。

こうやって「札幌に来れてよかったな」とか思えればこんな時期の出張も楽しゅうございます。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント