またもや福山

北川景子に深田恭子、どっちかを選べと言われたらウンウン唸って全く選べないだろう。方や人妻だし、でもまあ両方とも違う魅力があるし、うーん、食事に行きたいのはコッチかな、眺めていたいのはコッチかな、うーん、選べんぞ、と。

これが現在の政治の話になると嬉しいかな悲しいかな、消去法的に野党はないわ、となってしまう。安部がどうした麻生がどうしたの前に、野党がダメだわ。立憲民主党はないわ~。蓮舫がうるさい、枝野は信用できん、という感じで消去法的に安定政権になってしまう。

特に生理的に私が受け付けないのが福山哲郎である。最近も炎上してるよな。炎上してるだけ日本の民意というのはまともなんだ、とホッとできる。コイツに票を入れた国民がいること自体が信じられないよ。うん、ごめんね。タマに見かける福山の言動や見かけや態度がキライなだけだから応援してる人は気にしないでね。

何でキライなんだろうなあ。揚げ足とる態度とか、ムカつく声とか言い回しかなあ。「端的にYESかNOかで答えてくださいよっ!」とか言ってるもんね。YESかNOかで答えられるような簡単な問題をわざわざ国会で審議するわけねえだろうが。

いや、会社にもいるんだよこういう野郎。たまに私も言われたりするんだけど、そういう時は「イエス、高須クリニック」とか、「アイ、ドント、ノーでございます」とかふざけて回答するようにしてる。だいたい質問がふざけてるんだからいいんだよ。でも、今回は国会に呼ばれた専門家の先生に「短く答えろ」だの失礼千万だね。

ちょっと関係ないんだけど、受注確度という言葉があって、例えばとある企業に提案してる案件が受注できる確率のことでね。1億の仕事の受注確度が30%だとすると3,000万ぐらいの事業計画を見込むんだね。で、真顔で「40%ぐらいにならんか?」とか「ホントに大丈夫だろうね?」とか聞いてこられても、「知らねえよ」が誠意のある回答だよね。営業マンなら「40%でいいですよ」とか言っちゃうんだけど。

今回、福山の野郎に実際のコロナの感染者数を問われて「実際の感染者数は誰にもわからない」という、科学者としては非常に誠実な回答をしたわけですね。しかも、その理由まで述べながら。

「全く答えて頂けませんでした。残念です」って、さんざんしょうもない質問にちゃんと答えてるのに何たる言い草かよ、と。まあニュースとかネットでこの部分だけ切り取ってもらって、政権側の専門家が鋭い指摘をのらりくらりかわしたという図式を作りたいんだろうけど。ああ、わかった。サッカーのちょっと触られただけで倒れてギャーギャー騒ぐのに似てるからキライなのかも。うん、オレ、サッカーも大嫌いだよ。

ってあんまりムカつくから文句を言ったけど、政権与党を評価してるとか好きとかじゃないからね。マスクも10万円も届かんし。全体がマスク不足の時に政府が配るって発信したのはいいと思うし、400億って国家予算からすれば大したことないのかも知れないけど、やるならちゃんとやろうぜ?6月納付の自動車税の通知の郵送はキッチリ来てるんだからアタマにくるぜ。

あと小泉進次郎とかね、政治家はこういう時に発言とか行動が響かないとダメよ。大阪の吉村知事に持ってかれてるじゃんか。通天閣のライトアップの色だって?わかりやすくて、みんなが気持ちをひとつにできるようないいアイディアだよね。

いいことはいい、悪いことは悪い、福山は消えろ、と、ちゃんと言いたいことはいいましょう。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント