お前は別だ

元大阪府知事の橋下徹って人いるじゃない?舌鋒鋭く説得力もあって、まあ実績もあるけど、私があんまり好きじゃない部分は、「もっと勉強しなさい」って結構な文化人とかにマウント取るところかな。うん、与えるダメージは大きいから効果はあるんだろうけど。

親とか先生とか上司とか師匠とか、物事を教える立場ならいいけど、それ以外は普通に失礼だね。聞いてる方は「論破」とか気持ちよがる人もいるかも知れないけど、論破というより萎縮も場合は多いと思う。インテリほど馬鹿扱いされるとダメだからね。

今回は「公務員に10万円払う必要はない」の議論だったかな。色んな考えがあるだろうなあ。100%月給もボーナスも出る人に10万円が必要か?いやいや、最前線で生命のリスクと削って働いてる人もいるでしょ?小さな子供が学校に通えず施設に預けて費用がかかる場合もあるだろうし、そもそも(運よく)働ける環境があって、月給って働いた対価ではあるんだよね。

好きで休んでんじゃねえよ!っと言う休業者も多いと思うけど、休業補償が大きすぎると働いてる人がバカらしいよね。橋下徹は今回、「リスクある人には報いる。これが組織運営だ」というまともなことを言ってると思う。ただ今回は江川紹子だったかな?「公務員叩きで人気とり」みたいなことを言われて「勉強しなさい」のやり取りで、マスコミの取り上げ方もあるけど、論点がわかりにくいね。

リスクのある人に報いるべきだと私も思う。けれども区別をつけるのが大変だよね。例えば自宅でコーヒーを飲みながら現場にアーとかウーとか言って給料を丸々貰える人も多い。申し訳ないけど私もソッチに近い。平時は会社に奉公してるが、今は会社のおかげさまだと思ってる。このヘンが会社と社員の信頼関係だと思うが残念ながら私がパチンコ屋の店員だったらこうはいかないだろう。公務員だって官僚や都職員もいれば、清掃局や医療事務の人だっているんだからね。

だから私は一律支給派である。手続きが大変だから一律にしたんなら、金持ちとか政治家とか公務員とか年金受給者とか生活保護者とか区別を考えなくていい。自宅で鼻クソほじりながら脳書きたれてるエリートだって、このご時世でもホールの開店待ちに加わってる人だって区別しない方がいいと思う。

あ。でも白バイ隊員とかは別よ。取締りを楽しんでるもん。10万円どころか1円たりとも税金を使われたくねえわ。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント