払う気ねえな?

母親が趣味でやってるような飲食店を営んでいるので、例の東京都の「要請に従ってお店を休業したら50万円」という感染拡大防止協力金の要綱を確認してみたら、ハハハ、本当に嫌々というか渋々というか、まあ払う気ないよね。

というのは実は本日4月22日の15時に要綱が出るとのことだったので確認してみたら、何と28ページもの超大作。そして出だしがこう↓

1 専門家による申請要件や添付書類の確認
本協力金は、専門家が申請要件を満たしているか、添付書類が十分かなどについて事前に確認することにより、円滑な申請と支給を目指しています。円滑な申請と支給に向けて、専門家の確認を受けていただくようお願いします。

https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/attention/2020/0415_13288.html



読み進めていくとその専門家というのが主に青色申告会だったり、税理士、公認会計士、中小企業診断士ということなのだが、まあ、彼らのコスト云々が置いておいて、そもそもこういう人たちってオンラインで相談できるのかね?

専門家への相談と称した濃厚接触もそうだし、そもそも代行とか持ちかけた詐欺リスクも大きいんじゃないかな?でも、私も似たようなところと仕事をすることが多いのでわかるが、こういう制度を作ってる人に大して悪気はないと思う。

自分の上役の指摘を気にしながら、抜け漏れない文章で制度を進めようとするとこうなる。この短時間にこんな(イジワルな)要綱をまとめた行政の担当者の努力を評価すべきである。ハハハ。イヤミだけどね。100万円の運転資金を借りるのに3,000円近い印紙を貼らせる信用金庫とかもそうだけど、ほんとAI化が進んでこういう仕事をする人がいなくなっちゃえばいいのにね。

その時はエリート気取りだった都庁の職員とか行員のキミたちが負け組。大丈夫、暖かく迎えてやるから遠慮なくコッチ側においで。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント