当たり屋稼業

久々に友人のK君と仕事帰りに会った。せっかくだから晩飯でも食おうという話になったので、今話題の「いきなりステーキ」で食事をすることにした。まあ、話題たって旨いとか安いとかの良い話題ではないけれども。

社長のクセが強いよね?悪い意味で。ハハハ。じゃあ商品は?というと、うーん、あんまり印象には残らない感じ。なのに私ってば何度となく訪れてしまうのは、まあパチンコ屋と同じで好きで言って文句を言うという、当たり屋気質があるんだろうね。



DSC_0677.JPG



いきなりステーキと言えばワイルドステーキである。他の良い部位の肉もあるだろうが、それなら立ち食いで食う必要もない。座って食える店舗もあるが大抵はとてつもなく狭く、壁を見つめて食うか、前のオッサンを見つめて食うかという話になる。良い部位の肉を食うほどの店ではない。

で、その割には安くはない。ワイルドステーキには当たり外れがあり、それも当たり屋的には楽しんでる部分もあるんだが今日はハズレ。結構ガッチリとしたナイフとフォークの組み合わせでもなかなか切れない。こういう場合は思いっきり頬張って、自らの前歯や犬歯を駆使して噛み切るしかないのがワイルドたる所以だが、

この間社長がワイルドステーキの当たり外れを反省する張り紙をしてたばかりじゃねえか。ハハハ。で、トッピングのハンバーグも半キレで500円(税抜)は安くない。赤身の残る”良く焼く必要のある”タイプのハンバーグだから鉄板にステーキを押しのけてポジショニングしているのはわかるが、そもそもワイルドステーキの方、300グラムちゃんとあるだろうね?少し少なく感じるのだが…

…というように、好きで入店して好きで頼んで、それで文句を言うのが当たり屋スタイル。セットも普通のライスと小さめなサラダ。今日はテールが入ってなかった少な目のスープでこれも500円近くするのよ。これで合計で2,500円ぐらい。別に安くもなんともないよね?

さて。一緒に当たり屋に付き合わされたK君が楽しんでくれたなら何よりなんですが…。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

K
2020年02月09日 21:57
私も久しぶりだったのでしっかり楽しめました。
またお願いします。
松田 凡作
2020年02月25日 20:47
最近は婆さまの見舞いついでにペッパーランチに行くこと多いですよ。まあ、同じ感じだけどいきなりに比べるとソースとが適当なのがペッパー社クオリティ。