「安全地帯V」

今日は12月14日(土)の分の更新だね。くしくも…って何がくしくもって話なんだけど、何故か私のPCのミュージックライブラリから「安全地帯V」が無くなっててさ。部屋の中を軽く探したんだけど元のCDが見当たらないわけよ。二枚組だからスリット式のCDラックに入らなくて別のところにしまっちゃったんだよね。

で、探す前にDMMでCDレンタルで郵送ポチッちゃったのよ。それが届いたのが昨日。で、それをPCに取り込んでるんだけど、その「安全地帯Ⅴ」のリリースが1986年の12月14日だったって話。うん、完全に偶然なんだけど33年前の今日のリリースだったんだね。

33年前?怖い怖い怖い。そんな前の話なんだ。けど、いや、正直1986年だとまだ本人的にはレコードを買う歳じゃなかったかな。CDまだ持って無かったし。ちょっと上の世代がベストテン見たりレコードを買ってた時代だね。でもまあ、レコードの時代だよ。

CDで二枚組ってことは、レコードだと3枚組ってことなのね。アブラの乗りまくった安全地帯の溢れる勢いを余すところなく収めたアルバム。溢れでてたんだろうね。神アルバムのⅡ・Ⅲ、全盛期のⅣに比べると小品風の曲や力の抜けた曲もチラホラある感じのアルバムだけど、

3枚組のレコードの3枚目は「銀色のピストル」から始まるんだ。カッコいいなあ、全く。天才だよ。安全地帯の世界のど真ん中…より少し下の世代でさ、この世界感を憧れて育った多感な時期を考えると、まあ氷河期とか不景気とかあったけど、昭和49年ぐらいに生まれてちょうど良かったかな?なんて思えてしまう。

ファンキーモンキーベイビーズとか三代目ナントカがど真ん中の世代に生まれたらと、そら恐ろしくなります。その世代の人には悪いけどね。安全地帯、バンザイ!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント