一円を笑う者は

ウチの母親が、自分の孫に何かを諭している。硬貨を乱暴に扱っている上の孫に対し、おカネの大切さをとくとくと説いているようだが、私はその母親から幼い頃に受けたおカネについての話を思い出していた。 松本清張の、これはあとで調べたのだが「百円硬貨」という小説の話らしい。銀行の行員であるとある女が不倫相手と駆け落ちする為に銀行のお金に手をつ…
コメント:0

続きを読むread more