勝ち組体験会(ヒルトン小田原リゾート&スパ)

新聞の折り込み広告にクーポンがあり、それを活用すると結構有利にヒルトンのランチを楽しむことができる。そろそろ私も誕生日を迎える。ちょっとした記念に豪華なランチにしゃれこんでも良いのではないかとクルマを走らせたのである。


DSC_4673.JPG

https://www.hiltonodawara.jp/plans/restaurants/buffet/flora_1909



普通にいくと土日は4,300円。それに消費税とサービス料がかかる。サービス料って13%だぜ?しかもドリンクバーは別料金と来たもんだ。クーポンでなければ足を踏み入れるのに勇気を要する価格設定。ただ、別に勝ち組でなくとも恐れることはない。

庶民的な料理にだって旨い料理がある。ローストビーフだって下界に降りればもっとリーズナブルに同レベルのものを味わえるし、羊に関しては本格的なのに加えて時間が経ってるから匂いも強いし歯応えも堅い。雑多な感じでもジンギスカンの方がより美味しく食べれるだろう。

で、ホテルの従業員の対応が超一流かと言えばそういうわけでもない。食器の在処を尋ねてアゴで方向を示されることもある。「いやー、私は箱根から通ってるんですけどね」と人懐っこく話してくれるフロントの男性も雰囲気にあってなくて私には有難いが、まあなんというかホテルっぽくない。多分傾いた箱根の旅館の番頭さんを引き抜いたりしたんだろうな。

小田原だけにスパからの眺めも塩気の強い泉質も素晴らしいし、タオルが使い放題などもケチくさくなくて良いが、高級なものに対する天邪鬼感が私の中でどうしても芽生えてしまう。ソンな性格である。

アンケートにご協力ください、というコーナーがあったので参加してみると、年齢、職業などなど、結構細かく選択肢があるんだけど、収入の欄は「年収650万円未満」とそれ以上。それ以上は結構細かく選択肢があるけど、ヒルトンからしてみると650万円未満は「ご縁があったらまた来てねー」的な層なんだろうな、と直感的に察する瞬間でしたな。

まあ、ジャグラーで5,000枚出たらまた来てやろうと思う。ヒルトンだからってそんなにかしこまることはないぜよ。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント