オマエが言う?

我々が政治家に対して発する言葉は大抵は不満や罵詈雑言であり、賞賛の言葉をかけることなど少ないのだが最近は得にヒドい。お隣りの国の文大統領には「あの…、大丈夫ですか?」と不満の前に何だか心配になってしまうし、日本でもまあ、こんな感じである。 https://www.sankei.com/politics/news/190830/pl…
コメント:0

続きを読むread more

ケンカ下手

私個人はケンカが好きでなくて、滅多なことでは争いをすることもない。どうしても死んで欲しい野郎には密かに心のシャッターを閉じ、マイ・デスノートに名前を書いてソイツとその家族が苦しんで死ぬのを思い描いてスヤスヤと眠りにつく程の温厚な人間なのだが、 いやー、政府。韓国とケンカしてますなあ。ケンカが上手いのかな?ヘタのなのかな?わざわざ画…
コメント:0

続きを読むread more

「夢乃家」(江東区)

私は物心つく頃からそこにあって、多分私の家から近い飲食店の5本の指に入るのに、初めて持ち帰りの焼鳥を注文させて頂いたのがこの「夢乃家」。焼鳥は1本90円。炭火でパタパタ仰いで香ばしく仕上げてくれて非常にリーズナブル。 と言いつつ、店主にも悪いなと思って8本頼んだので720円なんで、一食のおかずとしては中々かな?ホントは…
コメント:0

続きを読むread more

「サマーヌード」(真心ブラザーズ)

クルマを走らせていたらアラ懐かしい、真心ブラザーズのサマーヌードが流れていた。 https://www.youtube.com/watch?v=AKxVuibD4OU youtubeのコメントも秀逸だね。20数年前という事で私の青春時代にズバビタ。あと歌詞とか少し切ない旋律もズバピタ。夏ソングなのには間違えないが…
コメント:0

続きを読むread more

リゾットっ!

しゃぶしゃぶの但馬屋ってチェーン店なんですが、私のよく行く牛太と同じ系列で、ランチはオトク感があって両方好き。カレーが肉もゴロゴロしてるし、肉も旨味牛(インジェクション)によくあるフシャフシャしたタイプでないので好みの味。 で、しゃぶしゃぶの場合は昆布出汁ともう1つスープを選べて、オニオンにするとコレが食後のリゾッ…
コメント:0

続きを読むread more

細かすぎ!

トヨタのアクアちゃん、非常に満足度が高いだけに細かいところが気になることがある。その一つがカーナビ。まあカーナビはクルマの車種とは直接的に関係がないかもしれないが、トヨタ純正のナビとして、私としては???なことが多い。 ネットに繋がるようになって常に情報をアップデートするようになった…というのは革新的に進んだ機能のように聞こえるが…
コメント:1

続きを読むread more

粋な贈り物

新しいマンションに引っ越し、何かといりような私のパチスロの師匠は、「どうせ負けるなら千葉で負けてくれないか?」と自らの住む地域でスロで負けておカネを落としてほしい旨、伝えてくるので健気な弟子である私は休みには結構な頻度で千葉に養分活動に向かう。 師匠と森田健作千葉県知事には何かの折には労いの言葉をかけて欲しいが、今のところ表面的で…
コメント:0

続きを読むread more

「上州御用 鳥めし本舗 登利平」

※更新中 上州御用、なんて言うから何百年も続く老舗かと思いきや、創業40年という何か微妙な年月を感じる、群馬県は前橋発祥の「登利平」の松弁当830円でございます。まあオレは当時は知らなかったけど、20数年前、新卒で群馬の高崎に配属され、血反吐を吐きながら前橋や伊勢崎を営業で回ってた時には既に有名だったんだろうね。 空けて…
コメント:0

続きを読むread more

別離の理由(わけ)

座ればハマり、打てば負けるという私の負けライフ。勝ったり負けたりなら人並みだが、タマに3,000円ぐらい勝つのが悪しき勝利体験となり、その何倍も負けるのが負け組の特徴なのだが、そのタマにが下の写真だったりする。 「不二子Type A+」…ビッグの仕様がチャレンジングだったり、リーチ目が単調だった記憶があるが…
コメント:0

続きを読むread more

「三田製麺所 神田店」

まああんまりチェーン店のラーメン屋とかつけ麺屋に言う事じゃないが、三田製麺所神田店って、三田じゃねえじゃん!ハハハ。でもホントに本店って三田にあるんだってね。三田が本店のラーメン屋って言えば、よくレ○プでお馴染のあの大学の学生が「ボクも学生時代はよく食べたなあ」とか言ってるマシマシなお店のイメージが強いよね。 マシ…
コメント:0

続きを読むread more

今よりモテる法

あおり運転の男のニュースで、へえ、意外だなと思ったのは同乗者のガラケーおばさんやあおり男本人に対して、世間の女性の目が厳しいことである。あーゆー感じの男性のこと、好きじゃなかったの?女性の皆さん。 高身長、高収入、高学歴。イケメンで高級車を乗り回してて、誰に対しても言う事はハッキリ言うし、シャレオツで負けず嫌いでワイルド。警察にだ…
コメント:2

続きを読むread more

最後方の座席にて

沖縄へ仕事で行ったのだが、当然、飛行機。このシーズンの飛行機である。満員満席、ようやくキャンセル待ちでゲットした座席は60列あるウチの60番目の席。ほとんど荷物のような扱いの場所でじっと膝小僧を抱えて思うのである。 (このままこの飛行機、落ちねえかな…)と。いやいや、私だってまだまだ死にたくないが、周りは若さに満ち溢れたウエーイ系…
コメント:0

続きを読むread more

婆さまの後ろ姿

会社に行く時、ウチの婆さまが部屋の窓から手を振って見送ってくれている。認知症の進んだウチの婆さまが、朝出る時「今日は仕事?」と3回ぐらい聞いてくるが、私が玄関に向かうと婆さまは通りに面した自分の部屋の窓に向かい、そして降りて道を歩く私に手を振るのである。 今日は忘れ物をして道に出る前に部屋に引き返したところ、自分の部屋の窓から外を…
コメント:0

続きを読むread more

身体もクルマも

最近はウェットシートを持ち運ぶ人が増えてると思うけど、アルコールとか入っててもベタベタとかヌルヌルした感じがあってあまり好きじゃない。あと、100円ショップの「クルマの窓ふき」みたいのでクルマの窓ガラスを拭くと却って汚くなるね。 一番はさあ、身体もクルマもシャワーを浴びてシャンプーで洗って清潔なタオルで拭き上げることよね。でも新車…
コメント:0

続きを読むread more

「全裸監督」(Netflix)

ナイスですね~♪でお馴染のAV監督、村西とおるを山田孝之が演じる「全裸監督」がNetflixで配信開始。いやー、Netflixに契約してないとこれ見れないの?映画でもない、テレビでもないってところに、何かさ、凄い時代が来ちゃったな、ってのが初っ端の感想ね。 正直、まだ5話目なの。村西とおると黒木香の邂逅。山田孝之という実力と実績の…
コメント:0

続きを読むread more

「大丈夫だ」

西伊豆旅行の最終日。ちなみにこの写真を撮影している時、背後からサイレンの音が聞こえていた。 生憎だが今回は台風が接近しており、いつも穏やかな表情を見せる西伊豆の海岸に波が打ち寄せている。だからこそ、畏怖にも似た感情でその景色に魅せられ、スマートフォンのカメラを片手にその風景に飲み込まれていたのだが、まさか「大丈…
コメント:0

続きを読むread more

youは何しに下田へ?

西伊豆ツアー3日目。今日は下田のとあるホールでクランキーセレブレーションでハマっている。隣は2台並んでHANABIだが、下田にフラっと遊びに来てるカップルが凄かった。目押しとかリーチ目の知識なんかは関係ない。多分設定なんかも関係ない。 ひいて、ひいて、ひき倒す。男の方が私の隣だったのだが、私がスイカを1回揃えるのと同じぐらいのペー…
コメント:0

続きを読むread more

勝者のたしなみ

大河ドラマの西郷どんだったかな?遠藤憲一が演じる勝海舟が西郷どんに向かって「いつの世も勝者や敗者なんてものはあっけなく入れ替わるもの。お前さんほどの人間なら勝者のたしなみはご存知だろ?」的な話をしててね、 まあ勝利は目に見えてるんだから江戸の街を大火に包んでまで敵を追い込まなくとも良いという意味なんだけど、(ああ、いいセリフだな)…
コメント:0

続きを読むread more

「鮮魚・食事処 山正」(沼津)

私とスロの師匠とポンチャイ君。よくよく考えるとこの3人で食事をするというのは非常に難しい。師匠はマンガ「美味しんぼ」に出てくる海原雄山のような食生活をしており、その弟も山岡士郎のような性格をしているというグルメ兄弟の兄の方である。 そしてポンチャイ君は漁港の近くに住んでおり、モノの値段云々ではなく、新鮮な魚介が手に入りやすい…とい…
コメント:0

続きを読むread more

西伊豆の旅’19

西伊豆旅行1日目。西伊豆に住むポンチャイ君の住んでいる邸宅にお盆の時期に2~3日お邪魔させて頂くというのが毎年の恒例になっているが、恒例になり過ぎてて「最近早寝早起きで、多分寝てるから勝手に上がってきて」という爆裂に不安な家主のお言葉である。 いやいや。「いやあ、いらっしゃい」という出迎えまではないにしても、勝手にドアを開けて…
コメント:0

続きを読むread more

HOT、ちょっと

夏休みに入り、一緒に西伊豆に行く予定のパチスロの師匠と前夜祭である。まず師匠の地元のパチスロホールで軽く養分活動。軽く済ませて頂いたので豪気に安楽亭でユッケジャンラーメンなどと食べながら旅行の計画を立てるのである。 「この後どうするか?」まあ、結構時間があるのでマッサージとかいいですよね。このヘンにおススメの店ありますか?「オレの…
コメント:0

続きを読むread more

「ジムトンプソンズテーブル タイランド銀座」

西伊豆からポンチャイ君が東京に出てくる予定と聞いて、(ランチはどんなとこがいいかな?)と考えていたのである。西伊豆だけに海産物は美味い食材が手に入るだろうが、東京の方が選択肢が多い。これまで彼が出てくる時にはシュラスコや中華バイキングなど、西伊豆ではあまり見かけない店舗をセレクトしてきたのだが、(今回はエスニックかな?)と何…
コメント:0

続きを読むread more

ミクちゃん

サラリーマンである私にも夏休みがある。そう、夏休みが始まる。今年の夏休みは珍しく西伊豆のポンチャイ君が東京に出てこれるというので美味しいものでも、と店なんかを吟味してたんだが、私のパチスロの師匠もポンチャイ君の状況を喜び、 「おお、そうか。初っ端の日はミクちゃんってコも来るから一緒に夕飯でも食おうぜ」と言っていた。ミクちゃん… そ…
コメント:0

続きを読むread more

別にラーメンでなくても

※更新中 誰も一度は通る道。ラーメンがトマトスープが融合したら旨いんじゃないか?という希望。池袋の壱角家のメニューなのだが、まあ旨いは旨いけどスープパスタでいいよね、ハハハ。スープがトンコツベースだからまあ、ラーメンなんだけど。 横にあるスタ丼が好きでチョイチョイ行ってますけど、まあ、こんなペースじゃ痩せんわな。 …
コメント:0

続きを読むread more

「ローイコン」(浜松町)

※更新中 タイ料理でメジャーなものを3つ挙げるとしたら、トムヤンクンにガパオライスにグリーンカレー、でどうだろう?タイのチキンライスであるカオマンガイを挙げる人も多いだろうが、ビュッフェにしてもバイキングにしても、この4つともメニューにある店は少ない。 今回の浜松町のローイコンのランチは、4つ中2つはセットで楽しめる…
コメント:0

続きを読むread more

「からやま」

私が庶民に生まれて良かったなあと思える瞬間が、こういうチェーン店の唐揚げを頬張って(うめえなあ)と思える瞬間だったりする。店舗の構え方とか店の雰囲気とかそのまま「かつ屋」なんだけど、その唐揚げ専門店版。都心や郊外で見た人も多いと思う。 私の知るバブル期にブイブイ言わした女性はチェーン店になんぞは入らないそうである。…
コメント:0

続きを読むread more

「目利きの銀次」

まあどうでもいい話なんだけど、「目利きの銀次」って魚河岸にいそうな職人肌のオッサンのイメージなんだけどモンテローザってグループのチェーン店なんだよね。名前の付け方が巧いな、と思わせつつ、同じ名前の別の会社の店舗が沖縄にあって揉めたらしい。 そもそもモンテローザというグループ。和民っぽい「魚民」、月の雫っぽい「月の宴…
コメント:0

続きを読むread more

「サイコ」(1998)

「ダメサイコ」から20年経ったのかあ。月日の経つのは早いものだ。ヒッチコックの超有名作「サイコ」の完全リメイクとして製作されたのが1998年のガス・ヴァン・サント監督のダメサイコ…ではなく「サイコ」。何でこれを作ろうと思ったかなあ? 脚本もカット割りもほぼ同じ。当時の俳優と当時の撮影技術で精巧な贋作を作ろうと思ったのか、それだった…
コメント:0

続きを読むread more

N国という響き

「NHKから国民を守る党」…略してN国って、略し方がアレね、「N国」… 小林麻美の「悲しみのスパイ」のような危険な香りのする響きね。実際は陽気なオッサンが「NHKを、ぶっ壊す!」と笑顔で握りこぶしな感じだけどね。 オレ、大学生時代の研修テーマが「表現の自由」だから詳しいよ?でもそんなに難しいことを言うつもりはないから安心して。まず…
コメント:0

続きを読むread more

ギャップ容認派

会社に若手の女性がいて、部下というか後輩になるわけだが昭和と平成という世代ギャップを感じる。例えばホウレンソウと呼ばれる意思疎通のリアクションの薄さかな。「受領」「感謝」「疑問」についての反応は薄いが、「文句」のリアクションは濃い。 自分で言うのも何だが、職場では温厚で前向き。多分、前向きな指示や対応など、すんなり落ちるところや感…
コメント:0

続きを読むread more

味の引き出し方

「カントンの思い出」という上野の韓国料理屋さんは以前に既に紹介してるんだけど今回は九州から大学時代の友人がくるというので食事会をそこでやった、という話。 (以前の日記の紹介記事はこちら) https://pocyo.at.webry.info/201708/article_22.html 豚肉を美味しく食べ…
コメント:0

続きを読むread more