「アラジン」 (※公開中)

甥っ子たちが見たいというのでスポンサーを買ってでたのだが、いやーさすがディズニー。子供から大人まで楽しめる「最大公約数」の映画作りが凄い。ホントに子供も大人も最大に楽しめる映画だと思う。

スターウォーズもそうだけど、映画マニアも大人も楽しめるポイントがチャンとあって、ジャスミン王女がキレイでエ口可愛かったり、ウィル・スミスのようなスターを上手く使ったり、物語の複線の回収が上手かったりする。

最初にウィル・スミスが物語の語り部として登場して、歌まで歌いだして(あー、ミュージカル仕立てかあ)と思わせておいて、まあ、何となくこう話が進むんだろうな、と思いつつそれがその通り進むんだけど、(あー、こう繋がるのかあ)と、当たり前の展開でも新鮮に感じる話の流れが上手い。

これが甥っ子と一緒でなく、何かの機会で無理やり見に行ったのなら、スロッターなら誰でも言い出しそうな「アラジンチャーンス!」と言い出すタイミングを探すような見方をしてしまうところだが、私としてもビックリするぐらい素直に映画を楽しめたし、みんなにとって素直に楽しめる映画だと思う。

ロマンティックな関係にある男女で行くのも良し、親子連れで観に行くのも良し。さすがにディズニー映画だね。ただ、ひにくれた独身の中年男性が単独で観に行くと切なさが爆裂に込み上げてくるからブルーレイ化を待った方が良いだろうね。甥っ子たちよ、一緒に見に行ってくれてありがとう。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック