技術と自信と

HUAWEIのノートパソコン、「MateBook X」の画面を開いた状態でギシギシきしむので、銀座にあるHUAWEIのカスタマーセンターに気軽に持ち込んでみた。以前にもヒンジも増し締めをしてもらったので気軽なもんである。

日常の使用でギシギシいうモノの作りに、やっぱ中国と捉える向きもあるかも知れない。でも私は、例えば外車の不調を気軽に相談できる工場みたいな、そんな頼れる感覚すらある。何だか、良いもの大切に長く使ってる感とか、愛着のある製品を大事に使ってる感とか、そんな感じ。

今回も流暢な日本語を話す中国人と思しき女性が、丁寧に対応してくれて、「点検という形なら費用もかかりませんから」と、結局のところ無料でメンテナンスしてくれた。メンテナンスのお兄さんたちのいるブースも、ガラス張りで透明感がある。隠し事をしないという意識の表れだろう。

こういう対応はキッチリとマニュアルを整備したり、理念を示さないと難しかったりする。世界にはホワイトハッカーと呼ばれる人種もいて、きっとHUAWEIの端末に対してもホントにバックドアがあるか検証してると思うが、それが発覚したという話も聞かず、アメリカの御用国家や業者が何かを言ってるだけだと思う。

1兆円だったかな?売上に対してその10%を研究開発費に回しているとのことである。HUAWEIら中国企業のせいだと言えなくもないが、優秀な技術者や技術者の卵をリストラして縮小している日本企業とは対照的であり、

人数×労働時間が違うのに、その差を民族の優秀さで埋めよう、なんて考えてるとしたら甘すぎるね。頭脳では中国人に負けてると思うし、人間としての基本性能は黒人たちに相当遅れをとってると思う。まあ、

ここまで言ってて、別にHUAWEIのシンパでもマニアでもないのだが、愛着のわいたノートPCを、気軽に持ち込めて、あまりゴニョゴニョ言わず、時間内にサッと直してくれるカスタマーの皆さまには感謝しかないのである。

日本で東京と大阪にしかないそうで、今回の騒動で間違えなく市場拡大は難しいんだろうな…と思うのだが、どっこい、HUAWEIは「じゃあ事前に準備してた独自OSへ舵を切ります」と堂々としたものである。Googleが「トランプさん、ソッチの方がやばいっすよ」と、制裁解除を嘆願してるそうで。

昔はテクノロジーの分野では日本がこんな感じだったんだろけどね。技術と自信に溢れてそう。羨ましいな。










この記事へのコメント

2019年06月13日 23:21
見識だね。
アニ犬
2019年06月14日 08:07
仕事柄、PCのパーツを中国の小さな企業や個人から買うのだけれど、いい加減な輩も多い。あり得ない言い訳でごまかそうとするのだが、もはやいたずらを隠す幼稚園児レベルより低くて笑ってしまうよ。
ぼんさく
2019年06月15日 00:55
中国で長く仕事をしてた会社の同僚に以前聞いたことがあります。ケチとかズルいとかいい加減なのではなく、「日本人と違う」だけだと。確かに、違いますよね。技術と自信に、信頼が付いてくるのは先の話なのかもしれませんね。

この記事へのトラックバック