「マーダー・ミステリー」 (Netflix)

Netflixのオリジナル映画ってのがあって、まあテレビ局のドラマ制作よりも、場合によっては劇場公開作よりも制約が少なく予算が多い場合もあると思う。こういうコンテンツが育って欲しいなあという思いで観てみたし、

Netflixに加入してない方は観ることもできないと思うが、まあ、日本でいう2時間サスペンスの豪華版よ。主演が唐沢寿明とか大泉洋、奥さん役が藤原紀香とか篠原涼子とかだったら、皆さん、観ます?そんな感じ。

主演にアダム・サンドラー。3の線だけど確実にスターね。刑事の昇進試験に落ち続けてる巡査部長を演じてる。うーん、機転がきいて社交的で、自分に自信のある人って社会的にも男性的にも魅力的で、ダメキャラは違和感がどうしてもでちゃうんだけど、まあ、

ジョークがエグかったり射撃の腕がヘタって部分で出世できないってことでいいかな?で、奥さんがジェニファー・アニストン。って壮絶に美しいエ口ババアだよ。ブラッド・ピットの元奥さんよ?ただの美容師って設定もムリがあるし、ダメ警官の設定の主人公と釣り合いが取れてないね。

で、この夫婦が、古谷一行と木の実ナナとか、神田正輝と片平なぎさとか、そんな感じの夫婦が殺人劇に巻き込まれるストーリーだと思って頂ければ宜しい。で、日本人キャラとして忽那汐里も出ております。おお。

ハリウッドで頑張ってるのね。もっと日本で活躍しても良いと思うんだけど…皆さんも思いますよね?芸名が難しいよ。例えばこの人が「綾瀬はるか」とか「広瀬すず」って名前だったらもっと露出も多かったんじゃないかな?

この映画…って言っていいのかな?画面もキレイだし、出演者も豪華。演出もこなれているし、シナリオは…グチャグチャだけど、豪華な2サスという分野として確立して欲しいなあ。あとはエ口よ。土曜ワイドの天知茂の明智小五郎の「美女シリーズ」のような傑作群が、

ネット映画の世界で誕生することを祈ってます。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック