「ストリート・オブ・ファイヤー」 (1984)

オジサンがマジで中二の時に見た映画なんですがね、いやー、これぞオジサンの中二病映画の原点って感じ。「キミにはオレは似合わないよ」系のステキな映画。Amazonプライムで無料で配信してるのでみんな観て。

腕っぷしの強い男前が主人公。ヒロインは気鋭のロックシンガーのダイアン・レイン。美人だ。美人だがロックンローラーとは思えない程リズム感がない。日本でいうと矢沢永吉の歌を五木ひろしの振り付けで歌ってる感じ。

そんな感じで映画としては非常に作りが甘い。が、勢いに溢れている。演技派のウィレム・デフォーがトンでもな悪役を演じてたり、見どころはたくさんだ。私はこの映画とかを観て、こじれにこじれた青春時代を懐かしむのだが、逆に今の若者はどんな映画みてこじれるのかな?そういう興味も沸きますな。

タイトルもよくよく考えればダサい。まあそういうのも含めて、私世代には甘酸っぱい映画でございます。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック