改めて健康第一

負け組の人を仲間と呼ぶことはあっても、負け組と呼ぶほど私は思いやりの無い人間でもなく、やれ残念な人種とか努力の甲斐の無い人々とかオブラートに包んで表現することも多いのだが、ここ最近気づいたのは、

勝ち組の人も勝ち組と呼ばれるのが面白く思わないと思う傾向にある、ということである。混じりっ気の無い勝ち組であるにも関わらず、他人の犠牲の上で成り立ってる事実とか、そういうことからは目を背けたいのだろう、

周りが言うほどではない、とか、努力や苦労が絶えない、とか、そういう事を苦々しい顔で返されることも多い。負け組の組合委員長としては鼻毛を抜きながら(あー、そうですか…)と聞き流すことも多いが、やっぱり勝ち組の謙遜や自虐、または苦労自慢など、聞くに耐えないことも多い。

それでも「あーそうなんだ」とか「それは大変ですね」と相槌を打つことも多く、これも相槌の技術を磨けば勝ち組専門のお悩み相談などの仕事になるんじゃないかと思うこともある。そうでない人々と違って、勝ち組の悩みとか愚痴なんて、アーとかウーとか言ってればそれで済むものばかり。

ただ、勝ちも負けもないのが健康である。だから皆さん、健康第一で行きましょう。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック