100万のお年玉

ZOZOの前澤社長のツイッターにリツイートするだけで抽選で100名に現金100万円、総額1億円を前澤社長のポケットマネーからお年玉!というニュースである。「これだから…」と品の無さをなじる声もありそうなもんだが、

私は540度回って、ここまでやってくれると気持ちが良い。つい先ほど冬眠してたツイッターのアカウントを復活させてお年玉企画に参加してきたところだ。品の良い金持ちの方々に言いたい。庶民が金持ちに望みたいのはバラマキである。少なくともこの人はそれをやるつもりなのである。

リツイートの件数は私が見た時には300万だった…。単純に抽選確率は3万分の1。1月7日が期限というから更に確率は下がるだろう。リツイートということは色々とコメントも書き込まれてるわけで、金額的にそれが可能なら知名度アップとか一般の声を拾うなどの効果は計り知れないだろう。

話は変わるがマイクロソフトのビルゲイツ。数年前には所有資産でフェラーリを東名高速道路をギッシリと敷き詰められると聞いたことがある。マンガの「俺の空」じゃないが、何かの機会に彼の命を救うことになって、そのお礼にと、用賀から次の東名川崎までの台数分だけくれないかな、と。

ツイッターでも「100万当たったら風俗の仕事をヤメて普通に働きたい」と、まあネタかも知れないが金持ちにはそれだけの力がある。金持ちの感覚でいう1億円を私の人生でのレートに変換してそれが1万円だとして、その1万円で人の人生を救えるのなら喜んでその1万円を…

…ホイホイと使えないのが難しいところである。自分や家族以外の他人の為に使うのも難しいし、それをやってたらキリがない。もしかしたらそれをやってたら金持ちは金持ちでなくなってるかも知れない。しかし、金持ちには金持ちで居続けられる程度には、可能な限りばら撒いて欲しいのだ。

贈与税は年間110万円までかからないので今回の100万円もセーフだろうが、まあ現金をばら撒くだけでなく、割高なモノを買ったり、消費で貢献したりして欲しい。今回、西伊豆のポンチャイ君が正月に上京してきた時もそう説いた。資産家は資産家なりに好かれる資産家にならなければならない。

パチ屋でAKBの新しいパチンコで千円で6回転しか回らないから即ヤメするのは良い。ジャグラーでペカって1,000円勝てるだけのメダルを流して両替するのもまた良い。全然悪くないが、ペカった時にコーヒーガールを呼びつけ、その島にいるジャグラーファン全員にドリンクをプレゼントするのが良い金持ちだ。

3,000円だけ打って、出る気がしないとホール内を徘徊するなどもってのほかだ。AKBのブーストモードにブチ入れて、その状態で隣のババアに譲ってやれとは言わないが、最終的に勝とうが負けようがコインサンドに札びらを突っ込むことが地域経済の活性化に繋がると考えて欲しい。

…というか、3万分の1で100万かあ。私のパチスロの師匠なら引けそうな確率だな。師匠、やってます?










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック