合法的な手段

その昔、錦糸町というあまり治安の良くない街で、私はスロットの師匠とパチスロを打っていた。師匠は2,000円の投資でボーナスとラッシュにブチ込み、私は邪魔にならないようノーマルタイプのパチスロに移動したのだが、

しばらくして私がそのノーマルタイプのパチスロで2万円ぐらい使っていたあたりで師匠がやってきて、「いや、やられたよ。パッキーカード、盗まれたよ!」と言ったのである。アラ大変。店はカードの返金は必ず防犯カメラ設置してるから、警察呼んだり、色々ありますね、と私は行ったのだが、その続けざまに

「店員が言うにはさ、店の中では自己責任で、店としては警察に通報したりカメラを見せたりって協力はできないって言われたよ。」とのことである。いやいやいや、だって残り8,000円でしょ?8,000円盗難にあったわけで、

これを「自己責任」で片付けるようなホールはダメでしょ。まずは店員をとっつかまえてシバいて、あとは近くの緑警察署に連絡して… と色々言ってたら師匠がそっと肩に手を置いて、「…いいんだ、面倒だからいいよもう。」

そう言って自分の席に帰っていった。帰っていったが師匠の目は怒りに燃えていた。ダラしない言動に他人事のようなホールの方針に腹を立てた師匠は、そこから2時間で奪われた金額の4倍ぐらいのコインをひりだした。




いつもは松戸税務署の目や、行きつけのホールから出入り禁止になるのを恐れて、緩やかにブッコ抜く師匠が、自衛の手段としてそのヒキを披露した日。あーあ、「防犯カメラを確認したら確かに盗難なんで、店側でも補償させて頂きます」…までは厳しくても、丁寧な対応をしてたらここまで抜かれることはなかったのに。

無法を合法で返す。チャールズ・ブロンソンなら目には目をの世界だが、師匠は窃盗に対し、セット打…いやいや、レバーを上手く叩くという合法的な手段でその損害の補てんを行ったわけである。

ちょっと話は違うが、カルロス・ゴーンね。この人は違法な手段を使っておカネを儲けようとしたから逮捕されちゃったんだけど、そこまでして更におカネが欲しかったのかね?と思う。逮捕で失ったものも大きいだろうね。

年収300万ぐらいの派遣社員や工員の300人分の報酬を貰っててさ、更に不正な手段で税金から逃れたり会社のおカネを流用してたら、そりゃダメだよな。本来、下請け会社や期間労働者や社会に還元されるはずのおカネが、ほとんどゴーンとその一味にストックされたって図式だからね。

こういう人は戻ってきてもまたおカネ儲けの為に色々やらかすんだろうなあ。コツコツをレバーを叩いて儲けたいという合法的な手段を目指すなら、この私も養分として、彼の社会復帰にひと肌脱いでやりたいと思います。









2018年9月9日の日記を更新しました














この記事へのコメント

この記事へのトラックバック