負け組の毎日181002

横浜の仕事で徹夜明け。丸々昼間空くから十分に仮眠を取って、等価の松戸のホールへ。ド平日の昼間にスロ屋に行くことも珍しいのだが、多分こんな時に税務署の査察とか私の抜き打ち幸せチェックがないと思ったのでしょう、私のスロの師匠がドル箱をガッチガチに俵積みしながら既にご着席しておりました。

「いや、新装のHEY鏡でもう3万ぐらい負けてっから!」 そうは言ってる師匠ですが、圧力をかけてないというコメントを出してる相撲協会の理事ぐらい信憑性は薄い。まあ私が得するわけでもないので別にいいですけど、

そんな言い分じゃ松戸税務署は引き下がらないでしょうね。私はチョイ負けでしたが、師匠と食事でもしようということになって、氏がブリブリだしてる間、私はスーパー銭湯で時間を潰して、それからラーメンを食って帰宅。

なんか行動がホント、負け組の行動だよなあ、ハハハ。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック