私は二流

高校野球のどこかの監督の言葉に、こんなものがあった。「失敗を成功に繋げる選手は一流 責任を転嫁して失敗を繰り返すのは二流 三流は自分が失敗したことすら気づかない」 なるほど。拠り所のある言葉である。

私は十分に気づいている。私はどこかはわからないが、どこかで人生に失敗してるのは気づいている。そして失敗を繰り返してるのにも気づいている。氏の言葉を借りれば、一流でないにせよ、三流でもないのである。

まあ、一流とか三流の方が幸せだと思うけどね、うん。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック