京楽ってどうなの?

パチンコメーカーの京楽が倒産の危機、という話を聞いて(んなバカな…)と思ったのだが、ネットで見てみるとあながち無い話では無いという話。2期連続で200億超の赤字だという。私の知る限り、台は売れてるのにな。

と思って更に見てみたら、何だよ、売り上げは上がってるんだよ。売上高は566億5,200万円…。なあ、どうやればこれだけ売り上げておいて赤字に転落するんだよ!開発費か?人件費か?伊東美咲がサゲ〇ンなのかっ?

…失礼。何か節税対策なんだろうか。聞くところ社員の給料は言うほど高くないようなので、AKBとかSKEとか吉本に資本を配ってるのか何なのか、ともかく、売上が566億で266億の赤字とは…。まあ、去年の7月から1年間の話ね。今年は仕事人とかウルトラセブンとかあるから大丈夫なんじゃないのかな?

私も株をやったり、その昔は株を売ったりしてたから財務とかにも興味があ…、ってウソウソ。それが興味がないから畑違いの業界にきたわけですし。でもウチの会社もトップがキックオフで決算について説明してくるけど、まあこんなことはないわね。やっぱりパチンコ業界は経営もギャンブルっぽいね。

ホントはメーカーなんて儲からなくとも潰れなくともよいんだけどね。儲けはホールとファンから出てるわけだし、潰れたりすると競争も少なくなって台の完成度も価格も上がる一方だろうしね。極端だといいことないからね。

最近、ほとんど昔のままの「冬のソナタ」を出してきやがって、それが結構人気だったりする。オレもパチスロを北斗とかカエルとか楽しんで打ってるし、なんか進化してるんだかしてないんだかって業界だよね、ホントに。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック