微クレーマー

昨日の日記でELECOMのサポートについて書いたが、一夜明けた今日、昨日のお姉さんから連絡があった。



※昨日の日記
http://pocyo.at.webry.info/201807/article_16.html



何でもお姉さんが申し訳なさそうに言うには、今回のイヤホンは高級品だから(そうなの?)、新品を送ってから古い商品を返送するのではダメで、まずこちらから着払いで故障修理センターに送ってからその到着を待って新品を発送するというのである。まあ、それならそれでもいいけどね。発送キットとかないのか?と聞いたところ、

「申し訳ございません。サイトのXX番で検索して頂いて、その手順に沿って品物の送付をお願いします。」


…ってメンドクさー。初期不要なら初期不良で交換してくれるのは有難いけど、もしその品質の悪さが初期不良でなく仕様だったとしてさ、送られてきたのもマイクがザーザーいってたら、もう面倒な思いをした分だけソンの上乗せだなコリャ。スロットでは上乗せしない割りには、こういうのはよく引くのよ、オレってば。

あとは送られてきた商品がまともなことを祈ります。ホントに。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック