「ミックス。」 (2017)

新垣結衣と瑛太の卓球映画ね。「リーガルハイ」の古沢良太の脚本。最初に言っておくと、オレ、こういう映画大好きだああーっ!ということで見てる間ずっと楽しめたので、皆さんも是非TSUTAYAにレッツゴーして欲しいが、

好きなタイプの映画ゆえに厳しいことを言うには言う。日本で日本生まれの私が日本映画を見てるんだからそれでいいと思うが、この映画も三谷幸喜の映像作品とかと同じく、俳優を楽しんでる部分が多すぎる気がするね。

広末涼子、いいなあ。遠藤憲一と田中美佐子の夫婦も訳ありそうで魅せてくれるな。蒼井優、サイコーだよハハハ。主演映画よりインパクトあるんじゃないの?朝ドラの永野芽郁、まさかのビッチ役じゃないの。そういうチャレンジングはいいよね。吉田鋼太郎…ぶわっはっは!細かい演技が上手い。生瀬勝久…出てた?わっかんねーよハハハ!斎藤さん?もう「ハゲ」って役名で登場していいの今はこの人ぐらいだよねハハハ。

で、こういうとこって日本のテレビとか映画に馴染みのない、例えばインド人なんかだと笑えない部分だよね。それこそ主演の新垣結衣とか瑛太の魅力を脚本とか演技とか演出で魅力的にするのが製作者の技術だけど、

んー、そこは新垣結衣はそのままのガッキーより魅力が乏しいように見えるし、瑛太とのロマンスも順番が私としては惜しく感じる。工場のシーンで「愛と青春の旅立ち」をやりたいんなら、新垣結衣が軽薄な元彼とキッチリきれて孤独であることを示した方が良いし、瑛太の方は瑛太の方で元嫁とは何でもないことをこの段階で示しておかないと、新垣結衣が他人の恋人と結ばれて喜ぶビッチに見えちゃう気もする。

もおうホント大好きなんだけど、もう展開はベッタベタの捻り無し(そういうのが好き)。でも春とか秋の改変期のドラマでももう少し凝ってるって思うぐらい。なぜこの話を映画にしようと思った?セリフ回しに面白さは感じるけど、映画的な捻りは全くないに等しいね。アイドル映画っていうなら…ガッキーをもっと可愛くできるっしょ。

「中国人は全員卓球上手いでしょ?」というのが差別になりかねないよ、とかセリフで言わせておいて、外国人が多く働く缶詰工場を外資系って笑わせる部分とか、缶詰工場で働く人もみるとは思うんだけどね、こういう部分はあんまり上手くないよね。…って悪口ばっかだね。いや、面白いんだって。ホント観てみてよ。

って中村アン出てんの?え?佐藤巡査部長?わかるかよっ!ハハハ。こういう豪華さが映画の魅力かもね。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック